ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

これまでになく最高にひどかった

秋晴れの暖かい日 日本に在住して30年、ベテランのスリランカ人のご婦人方と会食。 会食といっても、公共のフリースペースを借りて、本場のカレーを持参してもらい食べました。 私は、柿とリンゴと、大きなお湯ポットを持参しました。 話題は、お坊様たちの…

人種主義

これ読んでてかなりカチンときたので、ちょっと調べました。 ja.wikipedia.org 仏教はいかなる殺生も禁じてます、殺生はアウトです。 これすごいですね。 教養人を装った学者風の方が「生きるに値しない命」とか、それが国家と結びつくと、 処分の対象が広が…

アドラー心理学「嫌われる勇気」読了。

仏教に出会う前は「自己啓発本、ハウツー本、ライフハック本」なんかをさんざん買いあさっていたけど、佐藤さんの岸見先生をご紹介した動画を見て、読んでみたいと思いました。 本はこれ。 キンドルで読みました。 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー…

これは、へなちょこ仏教徒の私のことだな

2019年10月6日(日)佐藤哲朗さんをお招きしての勉強会。 「暮らしの中の仏教語」のテーマで勉強会 その中で「愛」について 仏教は「愛」は タンハー「渇愛」というネガティブな意味と、ペーマ「愛好」という2種の意味があるとのことでした。 どうせ愛好する…

仏教徒は帰り道も楽しめる。

本日は浄聖院さまで、佐藤哲朗さんをお招きして勉強会。 佐藤さんの「三途の川の六文銭」の新説が発表され。 六文は、仏教の六門に通じる、とのことです、新説です。 ちなみに「出典おれ」です。 勉強会は楽しく盛り上がりました。 くわしくはここ blog.live…

浄聖院様の寺報「こころみ 第19号」

えーと、クルマに乗っている商売しています、事故もやったことがあります。 1年に2回、しでかしたこともあります。 交通事故は、いいことがひとつもないです。 今、振り返ると、事故が起きるときは、油断がありました。 事故はいろんな要因が重なり合うと、…

5回目の自己紹介

このブログ、「自己紹介」というカテゴリーで見ると、4回くらいやってます。 これで5回目ですね。 生きていて、いつまでも同じ状況というのはあり得ません。 例えば、このブログを始めた頃、家族は4人でしたが、子どもたちは家を出て一人暮らしをしています…

うむ、素直な写真

先日、カメラ好きの病気が再発して、デジタル一眼レフカメラを、ハードオフのジャンクコーナーから救出した。 病気がぶり返してカメラを手に入れてしまいました。自分で言うのも何だけど、安物の中古を探す嗅覚は、特技になるかも。13年前のデジタル一眼レフ…

お師匠さまはお釈迦様

法友のおかげで気になる文章を見つけました。 参考になります。 https://t.co/EJiSSTLtXs — ジャータカ (@jataka_) September 29, 2019 えーと、悟りの認定制度はございません。 自分で「悟った!」とか「悟りそう」とか「いい線いってる」と言ってる方はい…

福島県双葉郡 高野病院 職員心得メモ

2019年9月29日 毎日新聞朝刊 山谷の赤ひげ先生、医師の本田徹先生が、高野病院の常勤医になったという記事でした。 興味を持ったのは、高野病院。 福島第二原発の近くにあり、震災のときも、双葉郡にあった病院はすべて撤退、高野病院だけが診療を続けた、と…

「仲間」の話

「道徳ロボット」読了 道徳ロボット――AI時代に欠かせない「幸せに生きる脳」の育て方 作者: アルボムッレ・スマナサーラ 出版社/メーカー: サンガ 発売日: 2019/08/24 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 第二章の仏教とジレンマ、仏教をまた別の…

何か新しいことを始めるとき。 誰にも取られない「ない」喜び。

ためない生き方 ネガティブな心を上手に消す智慧 (SB新書) 作者: アルボムッレ・スマナサーラ 出版社/メーカー: SBクリエイティブ 発売日: 2017/06/06 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 引用あなたが意図的にためたものであるならば、それは仕方が…

浄聖院様の寺報「こころみ 第18号」

嫌なこと、嫌な思い出って、なかなか手離そうとはしませんね。 反応してしまうんでしょうね。 例えば、嫌なことを他人のせいにするのは簡単ですもんね。 そういった他人というか、犯人さがしに執着している自分に気づくこともあります。 でも、自分が勝手に…

久しぶりにすごみのある関西弁を聞きました。

こんな凄い方がいたんだ。今まで知りませんでした。禅イコール気づき。当てはまります。 https://t.co/Ep10CGf2xh — ジャータカ (@jataka_) August 20, 2019 宮崎禅師所属や立場は曹洞宗実行されてること、おっしゃっていることは、初期仏教、テーラワーダ。…

預流道、預流果の話

預流道の特徴/預流果と五戒の関係/ウサギを逃した青年の後日談 #スマナサーラ長老 #ブッダの智慧で答えます #jtba #仏教 アビダンマ的理解と、先生の理解、2種類のとらえ方があるというのが興味深かったです。 預流果にチャレンジしてみようという方には心…

一年間ツイッターをやってみて

やってみてわかったのは、一番は仏教 次は、お酒と神様が嫌い、みたいですね。 お酒に関しては、断酒男爵さん twitter.com お酒に関しては、つい反応してしまいます。 よっぽどキライなんでしょうね。 で、次は神様 ドーキンス先生 twitter.com 無神論ボット…

鋭い! 出定如来・富永仲基

ようやく読了。 近世仏教思想の独創 僧侶普寂の思想と実践 作者: 西村玲 出版社/メーカー: トランスビュー 発売日: 2008/05/02 メディア: 単行本 クリック: 28回 この商品を含むブログ (6件) を見る 本の存在は知っていましたが、書店で見つけることができる…

浄聖院さまの寺報「こころみ 第17号」

浄聖院さま ほんと、絵がうますぎ。 そうですね、いつも機嫌が悪いというか、怒った状態の方っていらっしゃいますね。 雰囲気でわかります。 皮肉ではなく、本当に、「病気にならないでね」と思います。 ただ、その方の影響を受けるのは馬鹿らしい、実際、関…

政治について

ツイッターを始めて一年になりますが、今回、自分なりに、自分の身の回りを調べて、応援する集団や人を決めました。 出家のお坊様は、表立った政治運動はできませんが、在家はお釈迦様の教えを基準としてその活動ができると思います。 そのきっかけは下記の…

空虚な知識人

ダンマサークルをやっていると、テーラワーダ仏教徒ばかり来るわけではありません。 最初はお見えになるのですが いつの間にか、来なくなってしまったり。 まあ、いろいろです。 来られる動機は、これもまたいろいろです。 仕事に悩んでいるとか、人間関係に…

肉食と慈しみの矛盾

ユヴァル・ノア・ハラリのボットさんの工業畜産の具体的なツィートに、私がちょっかいを出してます。 "乳製品業界全体が、牛を妊娠させ、彼女たちが出産した後は、母親たちをを子から引き離し、仔牛を太らせて屠殺し、枯渇するまで牛を搾乳し、そして再び妊…

手離すことは難しい。

アーチャンチャー長老の著書に「手放す生き方」があります。 長老が念入りに手放すことを説いています。 [増補版]手放す生き方【サンガ文庫】 作者: アーチャン・チャー,星飛雄馬,花輪陽子,花輪俊行 出版社/メーカー: サンガ 発売日: 2015/12/25 メディア: …

浄聖院さまの寺報「こころみ第16号」

生きものは基本かわいいです。 必死で生きてます。 以前、先生が、ペットとは仲良くするくせに、人間とは仲良くしない。 人間同士、仲が悪い。 ペットと仲良くするくらいなら、人間と仲良くなったらどうですか? ここ最近、ペットブームの広まりがすごいです…

十二縁起

このお経が好きなんですよ。 でも、あまり唱えることないんですよ。 スリランカのお寺でも唱えることあまりないです。 お坊様に聞いたら、専門的で「お坊様のお経」なのだとのこと。 うーんそんなわけないと思うのですが。 パティッチャーサムッパード アヌ…

宗教法人の株主総会みたいなもの。

企業は年に1回株主総会を開きます。 参加資格は株主であること、かな。 宗教法人は 宗教行事とか法要とは別に、世俗的なこともしっかりやらなくてはいけません。 下記の文化庁の宗教法人に関するガイドブックPDF、本当に出来がいいです。 これから宗教法人を…

勧誘? 布教? 宣教? 伝道? 折伏?

日本テーラワーダ仏教協会のダンマサークルをやっていると、テーラワーダ仏教をやりたくてやってきました、という人はまれで、仏教に興味がある、とか、瞑想をやってみたい、とか、スマナサーラ長老の本に興味がある、とか、他の宗教に疑問があって、こっち…

法話や勉強のあとの復習

最初、スマナサーラ先生の法話を聞いてたばかりのころ、ただ聞いてただけで復習もしませんでした、本当に興味を持って聞いていなかったのでしょう。 やっと、ここ最近ですが、「復習」をするようになりました。 西澤先生の勉強会で、わからないことや聞き逃…

ばら園に行ってきた。

バラ園に行ってきました。 写真をどうぞ。 文章はあまりありません。 スマホカメラではなく、ガチにデジカメ画像です。 おトイレもバラでした。 10年以上前のデジカメだけど、よく撮れていますね。 生きとし生きるものが幸せでありますように。

浄聖院さまの寺報「こころみ第15号」

浄聖院さまの寺報「こころみ」の第15号です。 今回から、掲載方法をちょっと変えています。 気づいた方は、かなり鋭い方とお見受けします。 あえて言いません。 寺報を読んで、体の変化は、こればっかりは仕方ないなあ。 若い頃はわかりませんが、齢をとると…

女性の力 「スジャータ婦人会」

協会で「スジャータ婦人会」発足のお知らせがありました。 お寺の集まりとかの、女性のネットワークとか、パワーとか、実行力は凄いですよ。男は力仕事とか、女性に頼まれたことをやってればいいんですよ。そのほうがうまくいきます。 https://t.co/uo7dlx0H…