ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

2017-12-04から1日間の記事一覧

良寛さま(6) なぐられた良寛さま

「良寛さま」相馬御風著より なぐられた良寛さま これもある月のいい晩のことでした。 ある村の知った人の家に泊めてもらっていた良寛さまは、夜ふけてから一人で散歩に出かけました。そのとき良寛さまは坊主頭が寒いので、手拭で頬かむりをしていました。 …