ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

おっさんから

人種主義

これ読んでてかなりカチンときたので、ちょっと調べました。 ja.wikipedia.org 仏教はいかなる殺生も禁じてます、殺生はアウトです。 これすごいですね。 教養人を装った学者風の方が「生きるに値しない命」とか、それが国家と結びつくと、 処分の対象が広が…

アドラー心理学「嫌われる勇気」読了。

仏教に出会う前は「自己啓発本、ハウツー本、ライフハック本」なんかをさんざん買いあさっていたけど、佐藤さんの岸見先生をご紹介した動画を見て、読んでみたいと思いました。 本はこれ。 キンドルで読みました。 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー…

これは、へなちょこ仏教徒の私のことだな

2019年10月6日(日)佐藤哲朗さんをお招きしての勉強会。 「暮らしの中の仏教語」のテーマで勉強会 その中で「愛」について 仏教は「愛」は タンハー「渇愛」というネガティブな意味と、ペーマ「愛好」という2種の意味があるとのことでした。 どうせ愛好する…

仏教徒は帰り道も楽しめる。

本日は浄聖院さまで、佐藤哲朗さんをお招きして勉強会。 佐藤さんの「三途の川の六文銭」の新説が発表され。 六文は、仏教の六門に通じる、とのことです、新説です。 ちなみに「出典おれ」です。 勉強会は楽しく盛り上がりました。 くわしくはここ blog.live…

「仲間」の話

「道徳ロボット」読了 道徳ロボット――AI時代に欠かせない「幸せに生きる脳」の育て方 作者: アルボムッレ・スマナサーラ 出版社/メーカー: サンガ 発売日: 2019/08/24 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 第二章の仏教とジレンマ、仏教をまた別の…

何か新しいことを始めるとき。 誰にも取られない「ない」喜び。

ためない生き方 ネガティブな心を上手に消す智慧 (SB新書) 作者: アルボムッレ・スマナサーラ 出版社/メーカー: SBクリエイティブ 発売日: 2017/06/06 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 引用あなたが意図的にためたものであるならば、それは仕方が…

預流道、預流果の話

預流道の特徴/預流果と五戒の関係/ウサギを逃した青年の後日談 #スマナサーラ長老 #ブッダの智慧で答えます #jtba #仏教 アビダンマ的理解と、先生の理解、2種類のとらえ方があるというのが興味深かったです。 預流果にチャレンジしてみようという方には心…

一年間ツイッターをやってみて

やってみてわかったのは、一番は仏教 次は、お酒と神様が嫌い、みたいですね。 お酒に関しては、断酒男爵さん twitter.com お酒に関しては、つい反応してしまいます。 よっぽどキライなんでしょうね。 で、次は神様 ドーキンス先生 twitter.com 無神論ボット…

政治について

ツイッターを始めて一年になりますが、今回、自分なりに、自分の身の回りを調べて、応援する集団や人を決めました。 出家のお坊様は、表立った政治運動はできませんが、在家はお釈迦様の教えを基準としてその活動ができると思います。 そのきっかけは下記の…

肉食と慈しみの矛盾

ユヴァル・ノア・ハラリのボットさんの工業畜産の具体的なツィートに、私がちょっかいを出してます。 "乳製品業界全体が、牛を妊娠させ、彼女たちが出産した後は、母親たちをを子から引き離し、仔牛を太らせて屠殺し、枯渇するまで牛を搾乳し、そして再び妊…

手離すことは難しい。

アーチャンチャー長老の著書に「手放す生き方」があります。 長老が念入りに手放すことを説いています。 [増補版]手放す生き方【サンガ文庫】 作者: アーチャン・チャー,星飛雄馬,花輪陽子,花輪俊行 出版社/メーカー: サンガ 発売日: 2015/12/25 メディア: …

宗教法人の株主総会みたいなもの。

企業は年に1回株主総会を開きます。 参加資格は株主であること、かな。 宗教法人は 宗教行事とか法要とは別に、世俗的なこともしっかりやらなくてはいけません。 下記の文化庁の宗教法人に関するガイドブックPDF、本当に出来がいいです。 これから宗教法人を…

勧誘? 布教? 宣教? 伝道? 折伏?

日本テーラワーダ仏教協会のダンマサークルをやっていると、テーラワーダ仏教をやりたくてやってきました、という人はまれで、仏教に興味がある、とか、瞑想をやってみたい、とか、スマナサーラ長老の本に興味がある、とか、他の宗教に疑問があって、こっち…

ばら園に行ってきた。

バラ園に行ってきました。 写真をどうぞ。 文章はあまりありません。 スマホカメラではなく、ガチにデジカメ画像です。 おトイレもバラでした。 10年以上前のデジカメだけど、よく撮れていますね。 生きとし生きるものが幸せでありますように。

女性の力 「スジャータ婦人会」

協会で「スジャータ婦人会」発足のお知らせがありました。 お寺の集まりとかの、女性のネットワークとか、パワーとか、実行力は凄いですよ。男は力仕事とか、女性に頼まれたことをやってればいいんですよ。そのほうがうまくいきます。 https://t.co/uo7dlx0H…

新潟のウエサック。 ちょっと疲れた。

5月12日は、協会に中野のウエサックに行ってきました。 在家で外国の方は、いたような、いなかったような。 ほとんど日本人でしたね。 で、本日26日は新潟のウエサック。 日本在住のスリランカ人の方が50名くらい、あと日本人が5名ほどの参加でした。 12日の…

勉強をサボると  燃焼経

先日、中野でウエサックがありました。 先生の法話は、昨年のウエサック以来、1年ぶりでした。 燃焼経の法話をいただきましたが、あろうことか、3分の1、寝てました。 先生は、学生時代、勉強は授業で完結していた、授業をすべて覚えていたとのことです、す…

しつこく「立場」の話

立場は自分の考えの外への表明です。 過去、何回か記事にしてます。 www.jataka.info テーラーワーダ在家仏教徒 だと表明してます。 だから、テーラワーダ仏教を調べれば、ジャータカさんは何者か?ということがわかります。 調べる、という行為は理性的です…

結果 楽しいウエサック

ついつい言いやすい言い方になります。 ウェーサーカ祭なのですが、スリランカの方とも付き合ううちに、ウエサックと言ってしまいます、ウェーサーカだといまひとつ通じないのです。 若い頃だったら器用に使い分けていたでしょう。 めんどうくさがりや、なの…

連休が終わりますね。 立ち位置の確認

この連休は、実家に行き、親父とおふくろさんの顔を見てきました。 おふくろさんから 「あんた、昨年、病気して来なかったもんね」 「えー!、そうだったけ?」と、私。 もう、忘れています、バカです。 証拠がありました。 www.jataka.info お腹の上の部分…

原子力発電の話(3) 仏教徒の立場から

手に負えない廃棄物の話を前回しました。 この廃棄物は「毒」にあたると思います。 放射線が強いと、近づいただけで死にますし。 放射線が弱くなっても、生物へなにかしら未知の影響を与えます。 「毒」というキーワードだと、仏教の何にひっかかるのかな? …

原子力発電の話(2)

これも私見に満ちているいる発言になります。 合わない方はスルーを。 私の無知からくるのですが、原子力発電はすでに行われていて、発電に伴う廃棄物の処理もすでに出来上がっていた、と思っていたのですが、違うのですね。 発電が先で、廃棄物の処理は特に…

原子力発電所の話(1)

地元に原発があるというのに、いままで無頓着でした。 反対か、賛成かも決めてませんでした。 なんとなく反対・・・。 理由が無いのに、何となく反対・・・ 子どもじゃあるまいし。 なんとなく、ではダメですね、この際、きちんと勉強しましよう。 で、柏崎…

(修正しました)時代の区切り

またまた、非常に私見に満ちた話なので、合わない、と思ったら無視してください。 時代というか、時間の流れは人間が便宜的に区切りを入れたりするので、どうのこうの無いです。 いきなりですみませんが、元号はいらないなあ、と思ってます。 「昭和」は、身…

あなたはやるかもしれないけど、私はやらない。

知り合いの40代のスリランカの方の昔話。 学校で軍事教練があって、銃の扱いがうまい と褒められた、とのこと。 スリランカでは内戦がありました。 だから、学校でも軍事教練があったのでしょう。 ja.wikipedia.org 彼の話によると、この内戦で、身内、友人…

何かとパーティーと、自分の立場。

スリランカの方とご縁があり、なにかとパーティーに行ってるのですね。 昨日13日もパーティーに行ってきました。 ここにも書いてました。 あまり仏教とは関係ないです。 日本在住のスリランカの方たちが集まります。 www.jataka.info この頃から、歌と踊りは…

選挙があったので政治を考えてみる。

市議と県議の選挙があり、投票に行ってきた。 新聞の選挙公報のチラシで立候補者の顔ぶれを初めて知った次第。 ネットで立候補者のことを調べるも、なかなかピンとこない。 本当は、集会やタウンミーティングに参加をして、じかに、その方を知るのが一番いい…

また自己紹介

今、台所にいます。 家人が手をケガしたので、お料理当番 今日のメニューはイワシに煮つけと、お雑煮。 家人は昨日の夕方、お雑煮を作ろうとしてケガしたのです、リベンジです。 昨年の12月についたお餅ですが、冷凍すればもちます。 春のお雑煮もおつなもの…

油断禁物

昨日、3月29日金曜の夜、仕事で帰りが遅くなり、19時頃、帰宅の車の中で。 家人から電話 「料理してて包丁で、手、切った」 「ちょっと深い」 うーん、この時間、外科クリニックも閉まってるなあ。 家人は看護師なので、変に冷静、変なこだわり。 「んーー、…

こんな年もある 1か月経ちました。

バレンタインデーで、5人の方からいただきました。 www.jataka.info で、1か月たちましたので、お返しをしなければなりません。 このお返し、というのが強烈に面倒くさいです。 べつに、ケチなわけではありませんが、面倒くさいのです。 同僚からは。「不義…