oldmanbuddhist

テーラワーダ仏教を地味に勉強してます、そのメモ書きになります、きちんと学びたい方には参考にならないです、ご了承願います。

マハーシ長老

011【道果の智慧】 第一部 理論編 戒の重要性 『ヴィパッサナー瞑想 マハーシ長老(著)』

引用 (世間的な智慧を得るだけでは)、まだ、地獄やそれ以外のみじめな境涯の存在に転生することのリスクを防ぐことはできません。私たちは、出世間的な智慧を育てることによってのみ、明確にそのリスクを取り除くことができるのです。 出世間的な智慧とは…

011【智慧の話】 第一部 理論編 戒の重要性 『ヴィパッサナー瞑想 マハーシ長老(著)』

引用 真の世間的な智慧とは、私たちの福祉の向上と公共の事業に役立つものだからです。それは、いかなる害も引き起こしません。そのような真の意味での知識、経典の意味を身につけることを学ぶこと、そしてヴィパッサナー瞑想の発展には、聞所成智慧、思惟所…

010【智慧の話】 第一部 理論編 戒の重要性 『ヴィパッサナー瞑想 マハーシ長老(著)』

引用 智慧には世間的な智慧と出世間的な智慧という、二種類のものがあります。今日、私たちの世界では文学、芸術、科学もしくはそれ以外の世間的なことにおける知識も通常、智慧の一種と見做されています。しかし、この種の智慧というものは、心の成長と関係…

009【輪廻の話】 第一部 理論編 戒の重要性 『ヴィパッサナー瞑想 マハーシ長老(著)』

引用 もし、私たちが転生後も常に道徳的な生活を送るのなら、その人はより高次の存在に転生し、幸福な生活を送ることでしょう。しかし、私たちが貪瞋痴の煩悩から自由ではないため、もし不善業をなしたならやがてその悪業の結果を受けるでしょう。私たちは、…

008【2種類の定】 第一部 理論編 戒の重要性 『ヴィパッサナー瞑想 マハーシ長老(著)』

引用 定には、二種類のものがあります。それは世間的な定と、出世間的な定です。これら二つのうち、前者は四つの色界禅定や四つの無色界禅定からなります。これら世間的な定は、呼吸による気づきの瞑想、慈しみ、遍瞑想などといったサマタ瞑想を実践すること…

007【定の実践】 第一部 理論編 戒の重要性 『ヴィパッサナー瞑想 マハーシ長老(著)』

引用 しかしながら戒を単独で実践することは賢明なことではありません。私たちが修行するにあたっては、定を実践することもまた、必要なのです。定とは心の集中、あるいは心を静めることを言います。 ここでは、戒定慧のお話ですので、「定」が出てきました…

006【業について】 第一部 理論編 戒の重要性 『ヴィパッサナー瞑想 マハーシ長老(著)』

引用 心から奮闘する真に真面目な修行者には皆、成功の希望があります。ですから、もし、この恵まれた環境と希望を無駄にする人がいるのなら、私はその人を哀れに思います。そのような人は間違いなく、遅かれ早かれ、彼自身の悪い業により、輪廻の犠牲者にな…

005【出世間的な戒】 第一部 理論編 戒の重要性 『ヴィパッサナー瞑想 マハーシ長老(著)』

引用 しかしながら、この世間的な戒を実践するだけでは、完全に地獄、畜生、餓鬼道といった低位のみじめな存在に転生することを防ぐことはできません。そのため、私たちは出世間的な戒を得るために努力しなくていけません。私たちが完全に出世間的な戒の徳を…

003【戒定慧の前に】 第一部 理論編 戒の重要性 『ヴィパッサナー瞑想・マハーシ長老(著)』

引用 ブッダの教えを通じて、私たちにとって最も重要なのは、戒(シーラ)、定(サマーディ)、慧(パンニャ)の三学を養うことです。私たちが、これら3つの徳を身に着けるべきだということに疑いの余地はありません。 バリバリの私見です。 一番冒頭に戒定…

002 『ヴィパッサナー瞑想』を読む はじめに1

これを読みます。 ヴィパッサナー瞑想 (サンガ文庫) 作者:マハーシ・サヤドー サンガ Amazon 巻頭にも書いてありますが、マハーシ長老が1949年に、ヤンゴンで瞑想センターを始められます。 その際、瞑想指導を受ける在家信徒さん向けに、1回90分程度…

001 『ヴィパッサナー瞑想』を読む はじめに

この本を読んでみようと思います。 ヴィパッサナー瞑想 (サンガ文庫) 作者:マハーシ・サヤドー サンガ Amazon 上記はサンガ文庫版です。 単行本でもあるみたいです。 これとか 気づきと智慧のヴィパッサナー瞑想 (入門者のための理論と実践) 作者:マハーシ長…