ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

人格者 人間性

願いをもつよりも大切なこと 『ブッダの教え一日一話』

引用 未来の願いを持つよりも、「いまの自分は何ができるか」を考えたほうがいい。 「いまの自分を、どう向上させていくか」が大切です。 いつもながら勝手な私見です。 一日一話 10月15日の文章です。 「願いとして持つべきもの」 引用です 私たちが願いと…

『浄聖院だより こころみ 第29号』

そうそう なぜ人格向上を目指さなければいけないか? どうすれば人格は向上するか? ですね・・。 勝手に補足してすみません 下記の先生の法話にヒントがあるような気がします。 j-theravada.net ん? これはモグラですか? 暑くなって、出て来たのでしょう…

ブッダが悩まないのはなぜか 『ブッダの教え一日一話』

短いので全文引用 ブッダが安らぎに住しているのは、智慧があるからです。 ブッダがなぜ悩まないかというと、智慧によっていつでも正しい答えをもっているからです。 ブッダにとっては、どんなことが起きてもかまわないのです。瞬時に正しい対応がひらめくか…

瞑想で破れる「私は正しい」  『ブッダの教え一日一話』

引用 「私は正しい」という心は、無意識的にあります。 下記で先生は「自分が正しい」について徹底的に述べてます。 厳しく、徹底して述べてます。 j-theravada.net 「自分が正しい」に燃料をくべていくのは自我でしょう。 いずれ他人の過ちばかり目が行くよ…

自分を手がかりにする 『ブッダの教え一日一話』

仏教では、 何をするにしても、自分がよりどころ、自分が手がかりになります。 引用します よい人間になろうと思っても、そう簡単にはなれません。そのような考えはほうっておいて、ひたすら、いまの自分に気づくことに努めるのです。 先生は、口を酸っぱく…

拝んで人格は向上するか  『ブッダの教え一日一話』

引用 いくらお地蔵さんを拝んでも、人格の向上はないのです。「どうかお願いします」で終わってしまうのです。 先生の話に受け売りですが、仏教徒が拝むというか、手を合わすのは、お釈迦様への尊敬の念です。 「お釈迦様、願いをかなえてください」とか「助…

自己紹介 ちょっと書き直し。

これ、昨年の4月30日に書いたものです。 自己紹介をしてたみたい。 本日は休日なので好きに書きます 仏教との出会いを書きましょうか。 実家の宗教は日蓮宗です、仏教系の大学を出てます、もっと大学で仏教を勉強すれば良かったと思っています。 で、大学を…

身体のこと

親しい知人が病気になり、病気とか身体のことを考えたりします。 病気とは、身体が不自由になることです。 でも、仏教では「身体のことなんて放っとけ」です。 たしか、身体には冷たいです。 私たち生活活動のほとんどが身体に関すること、身体のためにやっ…

皆に好かれる人間になりたい

「皆に好かれる人間になりたい」といっても、無理をして好かれるとか、自分を犠牲にしてまで好かれる、という話ではありません。 でも、他人から嫌われたら幸せではありませんし、好かれないと幸せにはなりません。 かといって、これも無理をする話でもあり…