oldmanbuddhist

テーラワーダ仏教を地味に勉強してます、そのメモ書きになります、きちんと学びたい方には参考にならないです、ご了承願います。

冥想

ちょっと脱線、耳や目の話

ちょっと脱線します。 最近、ちょっと興味があって補聴器の勉強をしています。 そこで、基本的なこととして、耳の仕組み 聴覚伝導路のことを学んだのですけど、音の伝わり方というか、感じ方は。 外耳(耳介、外耳道) まずは外界の音→空気の振動を捉えます…

035【膨らみ、縮みを念じる】 第二部 実践編『ヴィパッサナー瞑想 マハーシ長老(著)』

前項では「座る瞑想」のお話でした、「座っている、触れている」を念じ、観察し、気づくという実践の他にも、ここでは初心者がさらに実践しやすいように「膨らみ、縮み」のお話が続きます。 引用 初心者にとってシンプルで簡単な実践は、毎呼吸ごとに私たち…

034【座る瞑想】 第二部 実践編『ヴィパッサナー瞑想 マハーシ長老(著)』

マハーシ長老の瞑想のコツのお話が続きます。 いま自分がなにをやっているのか丁寧に知る、丁寧に気づく大事さを、前回お話になられました。 次を引用します。 皆さんは、ただ座っている姿勢を観察するのなら、簡単で、たいした努力は必要ないと考えるかもし…

033【座る瞑想】 第二部 実践編『ヴィパッサナー瞑想 マハーシ長老(著)』

瞑想しているとき眠くなってしまうことがあります、私もあります。 これってどういう状態なのでしょうか? 引用 (前略) けれども、私たちが眠くなったり、うとうとしたときには、床に崩れ落ちてしまうことがあるかもしれません。なぜかというと、そのとき…

032【座る瞑想】 第二部 実践編『ヴィパッサナー瞑想 マハーシ長老(著)』

引用 通常、私たちが座っているときには、精神的な活動の連続からなる意識によって引き起こされた、物理的な活動の連続によって、まっすぐな姿勢をしています。これは、内部の空気の抵抗によって丸く保たれた、ふくらんだゴムのボールのようなものです。この…

031【瞑想初心者のための実践法】 第二部 実践編『ヴィパッサナー瞑想 マハーシ長老(著)』

「見ること」や「聞くこと」は同時に生じていなくて、一度に一つのことしか生じていません。 で、どうすれば、それを観察できるのでしょうか? 引用を続けます 見ることや聞くことというものは、その対象に注意が与えられたときにのみ生じます。もし、私たち…

030【瞑想初心者のための実践法】 第二部 実践編『ヴィパッサナー瞑想 マハーシ長老(著)』

初心者の「気づき(サティ)」、「定(サマーディ)」、「智」は、まだ大変弱いので、日常生活でよくある「見ること」「聞くこと」「考えること」「妄想すること」は、常に同時に起こっているように感じられます。 実際、そのように感じます、妄想が優勢だと…

008【2種類の定】 第一部 理論編 戒の重要性 『ヴィパッサナー瞑想 マハーシ長老(著)』

引用 定には、二種類のものがあります。それは世間的な定と、出世間的な定です。これら二つのうち、前者は四つの色界禅定や四つの無色界禅定からなります。これら世間的な定は、呼吸による気づきの瞑想、慈しみ、遍瞑想などといったサマタ瞑想を実践すること…

304 死ぬのは誰のせいでもないから 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 我々はずっとみんなに支えられて生きていますが、自分の肉体はみんながいくら助けてくれても壊れます。みんなのせいではなくて、自分が壊れるのです。お医者さんを千人集めても、家族や親戚がそろっても、どうにもなりません。 ですから、そのときは、…

303 死という概念を頭に入れる 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 死というのは一番念頭に入れておかなければならない概念です。けっして避けるべきものじゃないんです。 生命は瞬間瞬間にも死んでいます。この一秒は二度と戻りません。だから、「捨てる能力」ですね、大事なのは。つかまってしまうと苦しい。なぜかと…

302 常に自分が死んでいくことを観察する 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 我々が頭でっかちに考えている「死」は、最終的に肉体の活動を終了することです。しかし、常に自分が死んでいくということは、頑張ってみれば、ほんのちょっとの努力で体験できます。 お釈迦様は瞑想という方法を教えています。 それは「ありのままに観…

282 人が死について語るのは妄想 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 実際に瞑想する方は、よくわかると思います。 瞑想すると、すごく嫌な気持ちが出てきます。しかし、瞑想は、考えてみれば仕事や料理より簡単なことでしょう。それなのに、もし、お坊さんから「二時間瞑想すれば覚れますよ。あるいは、一か月間ビルの掃…

275 身体に関する執着を捨てる 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 病気は、心を清らかにすることで早く治るケースがあります。 しかし、人が病気になって死ぬことは自然法則ですから、なんでもかんでも、心を清らかにすれば治ると勘違いしてはいけません。 不治の病にかかったら、仏教徒はいとも簡単に身体に対する執着…

274 うつ病の治し方 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 うつ病というのは、自分に価値がなくなったと感じているわけではなくて、逆なのです。あまりに価値がありすぎて、現実と合わなすぎた結果として「自分なんて価値がない」となっている状態です。もともと価値を置いているから「価値がない」という表現が…

272 病気を治すために必要な心構え 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 病気を治すために必要なのは、「自分の病気が治りますように」という願いではなくて、「周囲の人々のために病気が治りますように」という願いです。「私が健康になりたい」という願いは、わがままで高慢な、自我から出てくる願いです。その「自我」とい…

266 老いても、できることはたくさんある 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 「私が生きていると、みんなの役に立っているのだ」と思えるならば、「人生は苦しい」とか、「なぜこんなことをするのか」とか言う暇がないのです。自分が生きていることで人が助かっているのだから、必死で生きていかないといけない。そうやって自分に…

232 慈悲とは幸せになりたい気持ち 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 慈悲とは「私は幸せになりたい」という気持ちから始まるのです。もちろん、各生命がそれぞれ幸せになりたいと思っているのですが、それはすぐ実感としてピンとはきません。 ですから、「私は幸せになりたい」という「私は」のところを確定して間違わな…

228 幸福を目指すのは当たり前のこと 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 なぜ「生きとし生けるものが幸せでありますように」と念じるのかというと、いかなる生命も幸福を目指して生きているからです。幸福になりたいということは、微生物の気持ちにもあります。ですから、生命が幸福を目指すということは、ごく普通、当たり前…

217 私というもののけに気づく 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 マインドフルネスのトレーニングをしていない人は、触られた瞬間に、すぐ「私」が生まれます。触られただけで「え、何!」と、自我と怒りも、驚きも生まれるのです。瞬間的に生まれます。 しかし、マインドフルネストレーニングをすると、触られてから…

211 瞬間瞬間の行為に集中する 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 生きるとは、今の瞬間、何をやっているかということです。今の瞬間、この「からだ」が何かやっている、それが生きる、、ということです。 今の瞬間、ただ座っている、歩いている、本を読んでいる。人と話している、考えごとをしている、料理している、…

191 出しゃばらないこと 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 慈悲を邪魔するのはエゴの錯覚です。 エゴの世界にいるから「慢」が出てくるのです。 「慢」とは自分を評価する心です。 必ず、他の人と比べて評価します。本当は他人との比較は不可能です。 海の水は比較できますか?お前より私のほうがすごい、私のほ…

150 言葉のエネルギーが二人の間に波動をつくる 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 言葉には強いエネルギーがあります。人にやさしい言葉をかけると、相手も気持ちが良くなって二人の間にはきれいな波動が生まれます。罵ったり傷つけたりする言葉を発すると、相手は心を閉じて怒りの波動を出します。その波動で自分もまた心を汚すのです…

125 いつのまにかリーダー格になる 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 慈悲の瞑想を続けると、人格ができているので、すごい力が入ってきます。 生き方が変わります。 自分で進んでいかなくても、生命がみんな寄ってきて、助けてくれたり、いろいろなお世話してくれたり、安らぎをいただけたり、いろいろなことが起こります…

90 物事には順番がある 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 前略 究極の幸福に達することにも、順番があります。道徳的な人間になることが、最初のステップです。世間の流れに流されないように気をつけること、物事を自分自身で判断してみること、常に落ち着いた心でいるように努力づること、自分と周りを客観的…

87 人格が成長しない修行は意味がない 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 仏教には、「写経」という伝統があります。でも、「一生懸命写経しました」と言ったところで、ただ疲れただけで終わってしまったら、なんの意味もありません。私は写経を批判するわけではありません。お釈迦様がお尋ねになるのは、「写経によって、どれ…

80 人格のミラーボールをなめらかにする 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 我々の人格は多面体にたとえることができます。 我々は、この世界のデータに、どんなふうに反射するのかわからないあらゆる側面を持っている多面体なのです。 ミラーボールのように、ミラー自体が一個一個、デコボコしていて、どのように反射するかわか…

『浄聖院だより こころみ 第34号』

浄聖院さま お寺が雪に埋もれたというのに、雪かき行けずにすみません。 コロナ等で、勉強会もZOOMでやる予定です。 勉強会のセッティング、ありがとうございます。 うむ、ヴィッパサナー瞑想のことですね。 先生の新刊があります。 ヴィパッサナー瞑想 図解…

33 ナショナリズムという病 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 ナショナリズムは無智な欲です。愛国心という糖衣で欲を隠しているのです。 昔から「自分の国や民族が優れている」という病気があるのです。 その病に侵されている国に体力も財力もあったら、他国を制覇しようと殺しに行くのです。支配欲にも限りがあり…

11 怒り対処法 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 前略 自分が怒っていることを観察して、それに気づくのです。「自分を外に出して見る」という方法です。「私が怒っている」というふうに「私」と見るのではなく、まるで他人のことのように「この人は」と見ます。 私見です。 えーと、仏教を知る前は、…

5 妄想は悪行為です 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 人はほとんどの時間を妄想に費やしています。悪行為していると理解できないのです、無理に理解しても妄想に慣れてしまっているので、止めることができなくなっているのです。妄想とは客観的なデータを調べることをしないで、自分だけの世界に入り込んで…