ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

善行為 悪行為

いつでもできるいいこと 『ブッダの教え一日一話』

テキスト引用 前略 でも、お年寄りに電車の中で席を譲るようなことを、毎日、一つ二つでもやってみるのです。 そうやっていると、いつでもできることが身の回りにあふれていることに気づくのです。 私見です 6月21日から続く「いいこと」をまとめます。 「い…

いいことをする目的とは 『ブッダの教え一日一話』

テキスト引用 「いいこと」をする目的は、心を清らかにすることです。その目的であれば、期待してもしなくても「いい結果」が出ます。 私見です 昨日は「こころに良いこと」目指したい、です、と書きました。 いいことをする目的は心を清らかにすること そこ…

「いいこと」と「悪いこと」 『ブッダの教え一日一話』

テキスト引用 「いいこと」とは、「自分が喜び、他人も喜ぶ」。そして、「後悔しない」ことです。 「悪いこと」とは、「自分が苦しみ、他人も苦しむ」。そして「後悔」することです。 私見です これを読んで、先生の「役に立つ」話を連想しました。 「いいこ…

悪いことは、小さなことでも悪い 『ブッダの教え一日一話』

テキスト引用 「悪いことは、どんな小さなことでもしてはいけない」と心に決めましょう。 中略 小さな嘘をつく人は、やがていつも平気で嘘をつくようになってしまうのです。 恐ろしいことは、それが心のクセになってしまうことです。クセになったら、もとに…

自分を評価して生きている 『ブッダの教え一日一話』

テキスト引用 前略 悪いことをすれば、自分の良心が、自分に高得点を入れるはありません。 自己採点して、自分が落第生になるのはとてもつらいことです。 悪いことをやめると、つねによい得点を自分に与えることができます。 バリバリの私見です。 ある長老…

苦しみが苦しみをよぶ 『ブッダの教え一日一話』

引用 悪いことをする人は、悪い行為をする前から、悩み苦しんでいるのです。 中略 たとえ悪事がバレなかったとしても、自分自身が受ける苦しみ(悪業)からは、けっして逃れることはできません。 私見です 生きることは苦なのに、悪いことをして、さらに苦の…

「いいこと」は実感でわかる 『ブッダの教え一日一話』

引用 「なぜいいことをすべきなのか」と、あえて説明しなくても、それは自分の「実感」でわかることです。 中略 「いいこと」が苦しいのは瞬間だけ。後は思い出すたびに、楽しいのです。 私見です 悪いことって、やりやすいです、すぐにできます、そのときさ…

いつもの献血  備えの確認

ちょっと体調が悪い時期があり薬を飲んでました。 薬を飲んでいると献血ができないのですよ。 胃腸薬くらいならいいですが・・。 献血が不可な薬があります。 薬のことだけでも、献血は健康のバロメーターになります。 話はかわります。 献血が終わったあと…

いつもの献血

1か月に1回の善行為、献血。 血漿献血ですね、600cc以上抜きました、時間はかかりますが、全血より体は楽です。 自分で言うのもなんですが、私より献血回数の多い人に会ったことがありません。 ニュースで、「1000回以上」という方も見ますが、あれは別…

K.N.ジャヤティラカ博士論文集 簡単な感想です。

K. N. ジャヤティラカ博士論文集 第1巻 (仏教社会哲学の様相/仏教観からの倫理) 作者: K. N.ジャヤティラカ,川本佳苗 出版社/メーカー: サンガ 発売日: 2018/11/23 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る サンガさんの「社長ブログ」に刺激されました…

自分のやったことを受け取る

日大アメフット部のニュースまだまだ続いています。 日本国内、みな冷静になって、学生のためにベストなことを考えてあげることが大事なのではないでしょうか? 世の中、いろいろな事件がありますが、自分のやったこと、その結果は自分が受け取りますね。 例…

日大のアメフト部 二十歳の若者の会見を見て

5月23日 毎日新聞より引用 日大アメフット選手一問一答 最後の部分です 問 勉強になったことは。 ◆少し考えれば間違えていることを判断できた。自分の意思を強く持つことが重要だと思った。アメフットにかかわらず、自分の意思に反することは、すべてにお…

『ブッダがせんせい』(4)

『ブッダがせんせい』より引用です。 心がきれいな人に、 なれるかなれないかは、 ぜんぶ自分しだいなんだ 中村元先生訳 みずから悪いことをすれば、みずからを汚すことになる。 みずから悪いことをしなければ、みずからを浄めることになる。 きれいとか汚い…

慈経(メッタスッタ)を覚える(10)第三偈 一行目、二行目

お経の暗唱は第五偈まで覚えました。 第六偈にとりかかってます。 若いころはこれくらい簡単に暗唱できたのでしょうけど、50歳を過ぎると記憶力がガクンと落ちます。 一週間かかって、やっと一偈を覚えます。 テキストは下記を参照していますが ブッダの「…

小さな過ちにこそ気をつける

ダンマパダ 一日一話より その報いは来ないだろうと思って、 悪を軽んじてはいけない。 水が一滴ずつしたたり落ちるならば、水瓶を満たす。 愚かなものが、 些細な悪を積み重ねるならば、やがて悪を満たす。 悪を積むならば、 やがてわざわいに満たされる。 …

善いことをしたくならない

「法句経 一日一悟」より 悪を犯すとき、無知な人は それを悪業であると気づかない。 しかし自らの行為によって、 智慧のない人は火傷したように苦しみ続ける (ダンマパダ136) 中略 悪行為は瞬間的に心地よい刺激が伴うため、人はその虜になってしまう…