ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

慈悲

みっちり メッタ バーワナー

新発田のお寺で、法話とバーワナーの会が行われました。 ダンマダッシー長老の法話を聞くことができました。 事前に長老から、スリランカと日本人の皆さんとで、日本語で慈悲の冥想をしたい、ということでしたので、慈悲の冥想のプリントを作成しました。 ス…

慈経で写経

体調が悪く、家で謹慎。 前々から慈経を写経したいと思っていたので、家にあるB5横掛23線便箋、万年筆で日本語を書き写しました。 用意したものは下記の通り ここ最近、QOLが低下してます、こころを落ち着けて慈経を写経。横掛23行できれいに収まりました…

浄聖院様の寺報「こころみ 第11号」

最近、なんだか世俗の雑事に追われて、放逸このうえなく、心を守っていないです。 「こころみ」の内容と正反対な生活です。 心を守らないと、疲労感がすごいんです。 帰ってきたら、「おこた」(こたつ)のこと、にまっしぐらです。 首までつかって「気持ち…

お正月の何がめでたいの?

すごくひねくれたお題です。 ネットで 「お正月 何がめでたい?」という言葉を入れるといろいろ出てきます。 20代の頃、31日、1日と勤務してたことがあって、郷里を離れて、帰省しないで、年末年始を過ごしました。 私の働いている姿に元気がなかったのでし…

『慈悲の瞑想ー慈しみの心』 バンテ・ヘーネポラ・グナラタナ長老  出村佳子訳

やっと、書店にたどり着けました。 本日、購入しました。 実際、手にとって購入するのは、いいもんです。 7月26日に下記のツイートをしたまま、まだ買ってませんでした。 失礼しました。 よっしゃ!読みたいです。 https://t.co/8Xo3EcWDyB — ジャータカ (@j…

浄聖院様の寺報「こころみ 第3号」  「慈悲のお話」

やっと、6月発行の寺報に追い付きました。 今回は「慈悲」のお話です。 慈悲の瞑想をしているときは貪瞋痴から離れることができます。 話は変わりますが、先月、浄聖院様は、足をお怪我されました、大事な法戦式の最中だったということでした、それでもユー…

楽しかったウエサック

いやあ、仏教徒な一日でした。 準備にたずさわった方、まことにありがとうございます。 ためになる法話をいただき、また明日からやる気がでます。 お土産もうれしいです。 いろいろいただきました。 法話もたっぷり聞いて。 本もたくさん買って とてもいい一…

悪いことはしない、と思いたくなる話

長老の新刊が出ました。 今まで、対談本とか、ちょこちょこ出てましたが、この本は、慈悲の冥想のフルバージョンの説明と思いきや、やさしいわかりやすい表現ながらも、むずかしい仏教のエッセンスをしっかり伝えてる本です。 むずかしいことをむずかしい言…

インスタントな幸せの作り方

根本仏教講義より 根本仏教講義、11.幸せの分析 (4)インスタントな幸せの作り方 (No59) 家族や人間関係の悩みって、よく聞く話です。 一番身近な悩みですね。 いろいろな心理カウンセラーや、克服するためにいろいろな方法が巷にはあります。 いろんな…

人間が本来もっていない慈悲喜捨

みーんな生きとし生けるもの! 〈下巻〉 作者: アルボムッレ・スマナサーラ 出版社/メーカー: サンガ 発売日: 2016/09/28 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る どこから読んでもいい本です。 パッと開いて、行き当たりばったりでもO…

自主勉強会

場所を借りて、法友と自主勉強会 法友の提案で慈悲の瞑想のフルバージョンを朗読 jataka.hatenadiary.jp フルバージョンには仏教の全てが入ってます。 どこから読んでもいいですし、好きな場所を覚えるもよし。 下記の本を朗読しました。 本の内容について話…

お坊様に聞いてみました。

先日、受けたご質問の件 さっそくテーラワーダのお坊様に聞いてみました。 jataka.hatenadiary.jp やさしいんですけど、とても厳しい方なので、緊張しながらお聞きしましたが あっさりと丁寧にお答えいただきました。 そうですね、慈悲をきわめると、最終的…

慈経(メッタスッタ)を覚える(22)第十偈 このように実践すれば解脱します。

もともと、慈経を暗唱できるようなりたい、と思って始めました、言葉の意味も知りたいと思いいろいろ調べました。 当初の目標通り、何も見なくても暗唱できます。 言葉の意味も知ることができました。 一番大きな収穫は、慈悲の実践を続けることで、想像もで…

第十偈の予習 覚りを目指します。

第九偈では、神様が出てきましたが、第十偈では「覚り」になります。 覚りはいろいろな言葉で表現されます 覚り、悟り、解脱、涅槃(死ぬ意味ではないです)、ニルヴァーナ、寂滅、ニッバーナ などなど。 みんな同じ意味だと思います。 覚りは、仏教の目的で…

慈経(メッタスッタ)を覚える(21)第九偈 慈しみの心があるひとがブラフマーなのだよ

ブラフマー(梵天)神様が出てきます、仏教は神様を信仰する教えではないので、神様を信仰しなさい、という話ではありません。 天界にいるすぐれた生命(神様)のように、慈しみの念をしっかり保ちましょう、という話ですね。 なんだか、神様を例のように出…

慈経(メッタスッタ)を覚える(21)第八偈 第三行目、第四行目、慈しみの育て方

慈しみの育て方を説きます。 第八偈 メッタン チャ サッバ ローカスミン マーナサン バーワイェー アパリマーナン ウッダン アドー チャ ティリヤン チャ アサンバーダン アヴェーラン アサパッタン 慈しみの心を一切世間(すべての生命)に対して、 限りな…

慈経(メッタスッタ)を覚える(20)第八偈 第一行目、第二行目、慈しみを育てる

慈経の暗唱ですが、第十偈までできるようになりました。 何も見なくても、唱えることができます。 嬉しい、嬉しい。 今まで、つっかえつっかえでしたが、これからは、法友といっしょに思いっきり唱えることができます。 さて 第七偈で母のような気持ちに近づ…

慈経(メッタスッタ)を覚える(19)第七偈 第三行目、第四行目、どこへ慈しみを向けるのですか?

母のような慈しみの心をどこに向けるのでしょうか? すごく、卑近な例で恐縮です。 台所にゴキブリが出ました。 ゴキブリに対しても、母のような慈しみの心で接する、ということです。 お部屋に蚊が現れて飛んでます。 その蚊に対しても、母のような慈しみの…

慈経(メッタスッタ)を覚える(18)第七偈 第一行目、第二行目、どうやって慈しむのですか?

慈経の暗唱は、第九偈までできるようになりました。やればできます、嬉しいです。 第七偈です どうやって? どういうふうに? どんな気持ちで? 生きとし生けるものを慈しむのですか? お釈迦様はいつも具体的です。 これ以上はない、最高の慈しみは、母が子…

慈経(メッタスッタ)を覚える(17)第六偈 第三行目、第四行目、これをやるともっともっと慈しみから遠ざかります。

次は「怒り」です、「怒り」があると、慈しみからもっともっと遠ざかります。 第六偈 ナ パロー パラン ニクッベータ ナーティマンニュータ カッタチナン カンチ ビャーローサナー パティガサンニャー ナーンニャマンニャッサ ドゥッカ ミッチェッヤ どんな…

慈経(メッタスッタ)を覚える(16)第六偈 第一行目、第二行目、これをやると慈しみから遠ざかります。

ここで、慈しみから遠ざかる行為をあげてます。 これをやると慈しみから遠ざかります。 「私は絶対やってません」と言う自信はありません でも、これをやってしまう、こんな心でいると、悪いことを引き寄せそうです。 第六偈 ナ パロー パラン ニクッベータ …

慈経(メッタスッタ)を覚える(15)第五偈 第三行目、第四行目、いかなる生命であろうとも

いかなる生命であろうとも、心を清らかにして、「生きとし生けるものが幸せでありますように」と唱えてみましょう。 第五偈 ディッター ワー イェーワー アッディッター イェーチャ ドゥーレー ワサンティ アヴィドゥーレー ブーター ワー サンバウェースィ…

慈経(メッタスッタ)を覚える(14)第五偈 第一行、第二行 生命がどこにいようとも

慈経は第七偈まで暗唱できるようになりました。 もう一息ですが、ほんとうに第十偈まで覚えることができるのでしょうか? 悲しいくらい覚えることができません。 第五偈になります。 第五偈 ディッター ワー イェーワー アッディッター イェーチャ ドゥーレ…

慈経(メッタスッタ)を覚える(13)第四偈 三行目、四行目 生命って?

仏教でいうところの「生き物」ってなんでしょう? 定義はあるの? 慈悲の対象は「生き物」になります。 第四偈 イェー ケーチ パーナブータッティ タサー ワー ターワラー ワー アナワセーサー ディーガー ワー イェー マハンター ワー マッジマー ラッサカ…

慈経(メッタスッタ)を覚える(12)第四偈 一行目、二行目 慈悲の冥想の対象って?

お釈迦様は徹底してます。 あやふやなところはありません やっと、慈悲の実践を始めましたが、対象は「生きとし生けるもの」です。 その「生きとし生けるもの」をもうちょっと詳しく説いていきます。 対象がはっきりしなければ、なんのための慈悲の冥想か、…

慈経(メッタスッタ)を覚える(11)第三偈 三行目、四行目 心を清らかにして唱える

やっと慈悲の実践にたどり着きました 第三偈 ナ チャ クッダン サマーチャレー キンチ イェーナ ヴィンニュー パレー ウパワデッユン スキノー ワー ケーミノー ホントゥ サッベー サッター バワントゥスキタッター (智慧ある)識者たちが批判するような、 …

慈経(メッタスッタ)を覚える(10)第三偈 一行目、二行目

お経の暗唱は第五偈まで覚えました。 第六偈にとりかかってます。 若いころはこれくらい簡単に暗唱できたのでしょうけど、50歳を過ぎると記憶力がガクンと落ちます。 一週間かかって、やっと一偈を覚えます。 テキストは下記を参照していますが ブッダの「…

慈経(メッタスッタ)を覚える(9)第二偈 四行目

第二偈 サントゥッサコー チャ スバロー チャ アッパキッチョー チャ サッラフカヴッティ サンティンドゥリョー チャ ニパコー チャ アッパガッボー クレース アナヌギッド 第四行目です アッパガッボー クレース アナヌギッド 分解します。 アッパガッボー …

慈経(メッタスッタ)を覚える(8)第二偈 三行目

第二偈 サントゥッサコー チャ スバロー チャ アッパキッチョー チャ サッラフカヴッティ サンティンドゥリョー チャ ニパコー チャ アッパガッボー クレース アナヌギッド 三行目です サンティンドゥリョー チャ ニパコー チャ 分解します サンティンドゥリ…

慈経(メッタスッタ)を覚える(7)好きな調子で唱え、儀式やしきたりにとらわれずに。

メッタスッタを覚える、ということで、毎日コツコツ暗唱してます。 第四偈まで覚えました。 スリランカのお坊様、スマナサーラ長老、お二人の読誦をスマホで聞いているのですが、覚えるにはスマナサーラ長老の読誦の調子が合っているみたいです。 下記の本で…