ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

新型コロナウイルス

どこかで隙間や過ちが 『ブッダの教え一日一話』

テキスト引用 相手に間違いを厳しく指摘したり、なかなか許さない、という人がいます。 しかし、そういう人だって、自分をよく見ればいろいろな失敗や過ちがあるのです。 私見です 人間って、けっこう自分のことは棚に上げ、他人にことに敏感で鋭いです。 私…

いのちに対して何ができるのか 『ブッダの教え一日一話』

引用 生命に対して何ができるのか、どのように役に立つのかということをつねに考えていけば、能力はどんどん開発されるのです。 やばっ 真剣に考えことないかもしれません。 仕事や家庭とか一般生活の中、かなり狭い範囲で、やってきました。 能力が上がった…

他の生命の役に立つ 『ブッダの教え一日一話』

テキスト引用 他の生命の役に立ったら、それが仕事になります。そして自分も支えられることになります。 話は思いっきり変わります。 新型コロナウイルスの状況です。 4月18日(日)時点 検査数 104321人 感染者数 10034人 退院者数 1580人 死亡者数 206人 …

安定した仕事とは  『ブッダの教え一日一話』

テキスト引用 仕事とは、「たった一人に対してでも役に立つ」ということなのです。 中略 安定した仕事というのは、何人かの役に立っていることなのです。 1日9時間以上会社の仕事に拘束されてますけど、「役に立っている」と自覚したことないし、競合他社も…

役に立つことの見返り 『ブッダの教え一日一話』

テキスト引用 自分のやったことが「社会の役に立つ」こと、「他に貢献する」ことが仕事といえるのです。 私見です。 サラリーマンで日々、仕事をしますが、「これが役に立つことか?」正面切って考えたことはないです。 ただ、扱っている商品は、おもに患者…

社会に貢献できるかどうか 『ブッダの教え一日一話』

テキスト引用 仕事をするうえで大切なことは、「儲かるかどうか」ではなく、「社会に貢献できるかどうか」を考えて行動することです。 私見です。 ただ、日々の仕事で「社会に貢献できているか否か」は考えたことなかったので、自分の仕事や日々の行動を見直…

一人の行動は全体に影響を与える 『ブッダの教え一日一話』

テキスト引用 一人の行動ということが、全体に影響を与えるのです。それは地球全体にも通じるのです。 2020年4月10日(金)現時点、新型コロナウイルスのニュースが世界をめぐっています。 日本でも感染者が5000人を超えました。 治療法のない未知のウイルス…

番外編 忘れないうちに覚え書き

初めての経験だったので、書き記すことにしました。 3月27日(金) 夜、ちょっと熱っぽい感じ、咳とのどの痛み、風邪かな、と思う。 3月28日(土) 朝、37.5度あり、行きつけの耳鼻科クリニックへ 新型コロナの対応もあり、熱もあるので、別室で待機、診察。…