ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

日常生活

「得る道」ではなく「捨てる道」

引用 仏教は、「得る道」ではなく、「捨てる道」を教えます。 私見です。 ふだん「捨てる」ことを意識していませんが、歳をとるにつれ、いろいろなものが離れていきます。 例えば 興味を持ってやっていた趣味とか(興味が無くなる) 集めていたモノとか(興…

捨てるときはいい気分で 『ブッダの教え一日一話』

引用 ものを捨てるときは、いい気分で捨てましょう。 またまた私見で恐縮ですが。 モノを捨てたり、手放すときは、いい気分で。 手放すモノが重要なのでなく、その手放すときの心の状態が重要なのだと思います。 ですから、ゴミに出したりとか、人にあげたり…

ノーマルライフ 『ブッダの教え一日一話』

早速、私見です。 シンプルライフ→複雑な生き方をやめましょう、捨てましょう、という意味でしょうか、そういった反対の概念を持ってきただけの生き方でしょうか? ファーストライフ→効率やスピードを最優先する生活のことでしょうか? スローライフ→ファー…

すぐれた道とは  『ブッダの教え一日一話』

自分の心以外は借り物なので。 身体は死んだら離れることになるし、親族とも離れることになるし、得た財産等も離れることになるし、仕事で得た能力とも離れることになるし、ましてや日常の勝ち負けはを争うことは・・・、本当はダンマトークのお題にもなりま…

何を得た、何を成し遂げた 『ブッダの教え一日一話』

引用 しっかり頑張ってあらゆることに挑戦し、成功して大会社の社長になったとしても、奴隷のように働いただけなのです。 株式会社になればなったで、自分の手から離れていく、会社が大きくなっても、歳をとれば自然と自分の手から離れていく。 そして死ぬと…

空虚な知識人

ダンマサークルをやっていると、テーラワーダ仏教徒ばかり来るわけではありません。 最初はお見えになるのですが いつの間にか、来なくなってしまったり。 まあ、いろいろです。 来られる動機は、これもまたいろいろです。 仕事に悩んでいるとか、人間関係に…

手離すことは難しい。

アーチャンチャー長老の著書に「手放す生き方」があります。 長老が念入りに手放すことを説いています。 [増補版]手放す生き方【サンガ文庫】 作者: アーチャン・チャー,星飛雄馬,花輪陽子,花輪俊行 出版社/メーカー: サンガ 発売日: 2015/12/25 メディア: …

人生は美しく清らかに 潔癖VS清浄

「人生は美しく清らかに 潔癖VS清浄」 本を買って読みました。 人生は美しく清らかに―潔癖VS清浄 (サンガ選書) 作者: アルボムッレ・スマナサーラ,Alubomulle Sumanasara 出版社/メーカー: サンガ 発売日: 2011/01/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログ…

また自己紹介

今、台所にいます。 家人が手をケガしたので、お料理当番 今日のメニューはイワシに煮つけと、お雑煮。 家人は昨日の夕方、お雑煮を作ろうとしてケガしたのです、リベンジです。 昨年の12月についたお餅ですが、冷凍すればもちます。 春のお雑煮もおつなもの…

油断禁物

昨日、3月29日金曜の夜、仕事で帰りが遅くなり、19時頃、帰宅の車の中で。 家人から電話 「料理してて包丁で、手、切った」 「ちょっと深い」 うーん、この時間、外科クリニックも閉まってるなあ。 家人は看護師なので、変に冷静、変なこだわり。 「んーー、…

珍しく40分も長電話

ラインというアプリを入れるとお金を気にせず長電話ができます。 長電話、ぜんぜんしません。 たまに、実家の親との電話も30秒で終わります。 母親が耳がとおいので 「ふんふん、みんな元気なのね、なら、よかった、さようなら、げんきでね」 「ガチャリ」で…

浄聖院様の寺報「こころみ 第12号」

月に1回発行の浄聖院様の寺報です。 12号です。 1年経ちました、1周年おめでとうございます。 そうですね、ひとつのことしかできないのですよ。 あれも、これもで、できなくてイライラして。 たとえ無理して仕事ができても、心がイライラしてて、落ち着かな…

いつもの献血  備えの確認

ちょっと体調が悪い時期があり薬を飲んでました。 薬を飲んでいると献血ができないのですよ。 胃腸薬くらいならいいですが・・。 献血が不可な薬があります。 薬のことだけでも、献血は健康のバロメーターになります。 話はかわります。 献血が終わったあと…

相談のショッピングセンターもしくは、巨大ホームセンター。

スマナサーラ先生が、どこの本かは忘れてしまいましたが、仏教はいろいろ悩みに答えるショッピングセンターみたいなところ、と言ってました。 ライフハックは、専門店みたいなものですね。 人間関係、財産、家族、仕事、とか・・・・。 それに比べると仏教は…

「ブッダの教え 基礎レベル」 夫の責務

テーラワーダ仏教ハンドブック (ブッダの教えの基礎レベル) 作者: ミャンマー連邦共和国宗教省,西澤卓美,(宗)日本テーラワーダ仏教協会[日本版責任],影山幸雄 出版社/メーカー: サンガ 発売日: 2018/11/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る ミャ…

きちんと時代に合わせて商売をしなくっちゃ。

皮肉でもなんでもありません、初詣で寺社に行く方もいるかもしれませんが、行ったときにいろいろ見るのも楽しいと思います。 初詣には行ったことないです、親も行かなかったし。 初詣の歴史はそれほど古くはなく、ここ最近のことなんですね。 初詣 - Wikiped…

親孝行のゆくえ

先日、親父さんが、「腕時計のカタログがほしい」ということで、たくさん持参しました。 ほれ、この通り 阿羅漢に接するように、親には接しなければいけません。 親のお願いはなんでも聞いてあげるのです。 で、結局は 「時計はいらない」とのこと。 まあ、…

仲裁なんてしないけれど・・・・。

身近に仲たがいしている方たちがいて、仕事絡みで困っています。 小さな行き違いが積み重なって、修復が難しいところまでいってしまう。 お互いの言い分があるのだと思いますが、ここに感情が入ると、もうダメですね。 感情が、いろいろな障害になるのだと思…

ひとりを楽しめる自分になろう

ここ最近、子どもたちは一人暮らしが楽しくて帰ってこず、家内は自分の実家に行きました(ケンカしたわけではありません)。 というと、必然的に一人になるわけで、一人で食事を作ったり、掃除をしたり、洗濯をしたり、いろいろしなければいけないのですが・…

社会的成功という話。

社会が良くなれば、個人も恩恵を被るし、個人が良くなれば、社会ももっと良くなる。 個人でも経済的に成功して儲けている話がありますが、そういう話でなくて、もっとスケールが大きい話です。 自分を論理的に見て、やるべきことやって、そうすることで、結…

本当は苦しみの真っただ中なのに、狂って「楽しい」と認識する。

我々は、いつもいつも狂って、世の中をあべこべに認識してますね。 チエリさん、いつも鋭い法話ありがとうございます。 ここに全てがあります。 「生きることは本当に苦なのか」第4回最終回 ブッダ ラボ - Buddha Laboratory すごく気に入った部分があるので…

カラダの情報は膨大 登録販売者試験

訳あって、登録販売者の勉強をしています。 登録販売者 - Wikipedia 合格するとドラッグストアで一般用医薬品の2類、3類の販売ができる資格を取ることができます。 いろいろ調べましたが、教材はここがいいみたい。 下記の会社を使ってます。 tourokuhanbai…

khantiについて

ウエサックで、おみやげにいただいた栞に「khanti」と書いてありました。 jataka.hatenadiary.jp いまの私に足らんものだなあ、と感じ、下記の本を読みました。 khantiとtitikkhaの本当の意味について書いてあります。 75ページの薄い本ですが、内容はとても…

しつこく吉祥経。自戒をこめて日常生活に。

このお経は天人様が。お釈迦様に「最上の吉祥はなんですか?」と尋ねるところから始まります。 「おめでたいことは何ですか?」とか 「幸福とはなんですか?」とか 私見で恐縮ですが、幸福にかかわるお経だと思います。 内容が具体的です、十分参考になる内…

ウエサックに行きましょう。

仏教徒の大事な行事です。 大乗仏教でいうところの、灌仏会(誕生)、成道会(悟り)、涅槃会(仏滅)を一緒に行います。 日本の大乗仏教はこの3つを別々の期日に別々に行いますが、南方仏教ではウエサックで、この3つを同時に祝います。 なかなか合理的で…

仏教の健康法

不摂生と加齢のせいか、超弩級の逆流性食道炎(胸やけ)になってしまい・・。 なんのことはない、ただの胸やけですが、でもこれが超弩級になると、立てなくなるくらい凄いのです、待ってて収まるというレベルではないのです、3年前最初になったとき、わから…

努力は必ず実る?

仏教でいうところの努力は「結果を出す」ということです。 よくスポーツ選手が「結果がすべて」とか、「結果」という言葉を口にします。 スポーツ選手以外でも、主に仕事なんかで「結果」「結果」と、よく言われます。 結果というと、その原因があるわけで、…

hasunoha ハスノハ

お坊様のお悩み相談サイト「hasunoha」を見てみました。 お坊さんに質問、悩み相談できるQ&Aサイト - hasunoha [ハスノハ] 仏教はお釈迦様の教えなので、お釈迦様の教えに沿って、回答しなければならないのですが、なかには「ん!?」「これは仏教か?」「お…

一番を目指して生きる 「最高」の論理的な定義

パティパダー巻頭法話からです。 詳しくは下記をお読みください。 巻頭法話(114) 一番を目指して生きる 2004年8月 一番というと、スポーツで一番とか、勉強で一番とか、仕事が一番できるとか、一番高い地位とか、財産を一番持っているとか、よく聞く話ですね…

長老の新刊を読む(1)

それならブッダにきいてみよう: こころ編1 作者: アルボムッレ・スマナサーラ 発売日: 2017/12/08 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 気に入ったところを抜き出してます。 21 もしできなかったら・・・・・・不安です。 何かをするときに「し…