ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

法話

ぴったりきちんとやっていく 『ブッダの教え一日一話』

引用 しっかり生きるとは、そのときそのとき、やるべきことを、きちんとやるということです。 私見です まっさきに連想したのは下記の動画です。 ティッシュペーパーを折る瞑想ですね。 『観察――「生きる」という謎を解く鍵』発売記念動画―アルボムッレ・ス…

「いま」幸福になるしか道はない 『ブッダの教え一日一話』

引用 「いま苦労すれば将来、幸福になるだろう」という考えには、幸福になる保証はありません。 主観に満ちた私見です 良い結果を出すために苦を労して物事をやるんでしょうね。 「苦しい、しんどい」と思いながらやるんでしょうね。 でも、結果が出る前に死…

問題があっても、それは瞬間のこと 『ブッダの教え一日一話』

引用 いまの瞬間に徹すれば、苦があっても、なんのこともなく瞬間的に対応できます。 私見です うむ、どうすれば「いまの瞬間」に徹することができるか? ですね。 観察能力を上げることが大事なような気がします。 関連法話 j-theravada.net 話は思いっきり…

30 こわれなければ創造はない 『法句経(ダンマパダ)一日一話』

本日は下記の本より 原訳「法句経(ダンマパダ)」一日一話 作者:アルボムッレ・スマナサーラ 発売日: 2016/02/04 メディア: Kindle版 引用 30 こわれなければ創造はない 「すべてのものは無常である」(諸行無常)と 明らかな智慧をもって観るときに、 人…

失敗を取り返そうとすると失敗する 『ブッダの教え一日一話』

引用 失敗して怒ったり悔しくなって、次はやみくもにがんばろうとする人がいます。 しかし、そういう人は、次も失敗するでしょう。 私見です ちょっとヒントになる法話 j-theravada.net 失敗するとどうなるか 「怒り」とか「後悔」の気持ちが生まれたりしま…

結果より行為を考える 『ブッダの教え一日一話』

引用 自分が精一杯がんばったなら、それが結果でしょう。 自分でできる範囲のことしかできないのだから、出た結果は、それで仕方なにのです。 結果を考えるべきではなく、行為を考えるべきなのです。 失敗の多い人は、結果ばかり考える人なのです。 私見です…

行為を喜ぶ人になる 『ブッダの教え一日一話』

引用 結果よりも、行為を喜ぶことが大切です。そうすれば、何事も楽しく行えるのです。 私見です よくスポーツ選手のインタビューに「結果がすべてですから・・」という受け答えを聞くことがあります。 そりゃあ結果が全てなのはわかります。 でも、なんとな…

つねに具体的でシンプル 『ブッダの教え一日一話』

引用 いまの瞬間になすべきことは、「具体的」でとてもシンプルです。 だから成し遂げやすいのです。 ちゃんと完成できるものです。 いまの瞬間に生きる人は、人生そのものを完成させることができるのです。 私見です 先生の文章が下記に引用されていました…

「どうすれば」「次にどうするのか」  『ブッダの教え一日一話』

引用 失敗したことを「何でこうなったのか」といくら考えても、意味がありません。 なったことは、なったことなのだから。 大切なのは、 「ではどうすればいいのか」 「次にどうするのか」 と考えることです。 私見です 昨日は「観察・気づき」が大事だとい…

いまの瞬間のことだけやる 『ブッダの教え一日一話』

引用 いまの瞬間に集中して、いまの瞬間のことだけやれば、人間に不可能なことは、何もないのです。 乗り越えられない苦しみはないのです。 いまの瞬間に徹して、いまの瞬間を十分に生きる人は、悩みもないし、失敗もないし、充実感があります。 私見です。 …

人生とは、瞬間瞬間の連続 『ブッダの教え一日一話』

引用 人生とは、瞬間瞬間の連続です。私たちは、瞬間瞬間にしか生きられません。 いまの瞬間になすべきことは、つねに「具体的」」です。 それは、話を聞くことであったり、ものを片付けることであったり、つねに「具体的」にあるものです。 いまこの瞬間に…

いま何をやっているか 『ブッダの教え一日一話』

引用です 「行為」と「結果」は、宇宙の法則です。 「行為」が先で、「結果」は後に出ます。 「いま」というのは、いつでも「過去」の結果です。 それは、すでに結果が出てしまったことです。だから悩む必要がないのです。 いま何をやっているかによって、次…

『浄聖院だより こころみ 第29号』

そうそう なぜ人格向上を目指さなければいけないか? どうすれば人格は向上するか? ですね・・。 勝手に補足してすみません 下記の先生の法話にヒントがあるような気がします。 j-theravada.net ん? これはモグラですか? 暑くなって、出て来たのでしょう…

心は楽なことから行う 『ブッダの教え一日一話』

引用 心はいつも楽なことを選びます。 心は慣れているもの、クセになっているもの、簡単に行えるものを、先に選ぶのです。 心というものは、厳しく管理されているときは、おとなしくしていますが、隙が出たら、楽な方向へ走ってしまいます。 心は汚れやすい…

自分の過ちを認めているか 『ブッダの教え一日一話』

引用 不完全な私たちは、どうがんばってもどこかで失敗してしまうのです。 大事なのは、自分が過ちを犯したことを認めることです。「あやまちを犯しました、たいへんすみませんでした」と、ちゃんと認める人は、同じ過ちは二度とくり返しません。 私見と脱線…

終着点はどこか 『ブッダの教え一日一話』

短いので全文引用 人間は不完全なのです。 不完全だから、少しずつ進歩していかなければいけません。 その進歩というものは、いつやめるのでしょうか。 終着点があるとしたなら、「これ以上は進歩というものが成り立たない」と発見した時点です。 バリバリの…

喜び悲しみを越えている 『ブッダの教え一日一話』

引用 執着がないと大喜びもないし、「うわあっ残念だ」ということもありません。たんたんとしています。 私見です。 ズバリ「世の法則8つの話」を連想しました。 下記の法話にあります。 j-theravada.net 引用 人が明るくなり、自信をつけられ、喜びと幸福…

ほんとうの森の姿を見る 『ブッダの教え一日一話』

引用 キノコをさがしに森に入った人は、木の下のキノコにしか興味がないので、森が見えなくなるのです。 そして、キノコが一本も見つけられなかったら、「今日は無駄だった、残念」ということになります。彼には森が見えません。 私見です 以前、誘われてキ…

問題を生む「私」という幻覚 『ブッダの教え一日一話』

全文引用 世の中は問題だらけでどうしようもないのです。問題以外、何も存在しません。 しかし、私たちは、問題に関係なく、「自分がいる」と錯覚しています。 「自分がいる」という幻覚が、現実に対して攻撃しても、現実は変わりません。 「私」」という幻…

世の中は問題ばかりと言う人 『ブッダの教え一日一話』

引用 「世の中は問題ばかりだ・・・」と言って困った顔をする人がいます。 しかし、この世の中で問題にならないものが、何ひとつとしてあるのでしょうか。 よく見てみると、私もあなたも、かなり問題です。 えーと私見です。 話は、ずれるかもしれません。 …

最後は人格者として死ぬ 『ブッダの教え一日一話』

引用 何を学んでも人は歳をとって死ぬわけです。と言っても、ただ楽しいだけの学びでは、結局、もったいない。 生きる支えにならないものは、学ぶ必要はありません。 私見です。 私、今死んだらヤバイです。 人格向上の自覚がないです。 引用に「生きる支え…

自分も他人もいない 『ブッダの教え一日一話』

全文引用 主観のない人だけが、客観的・普遍的にものごとをみるのです。 自分のない人にとって、自分も他人もいません。 そこにあるのは、自然法則の中に起こる「行為」の連続だけなのです。 私見です。 関連する法話を見つけました。 j-theravada.net 私は…

そのまま行為として感じる 『ブッダの教え一日一話』

引用 歩く、喋る、寝る、考える、食べるなどの行為を、そのまま行為として感じてみてください。 何の判断もせずに・・・。 そうすると、いままで起きていた煩わしい人生の問題が、いとも簡単に解けていきます。生きるとは笑ってしまうくらいシンプルなことだ…

「行為」だけがある 『ブッダの教え一日一話』

短いので全文引用 自分を判断しようとしても、ほんとうは判断の対象となる「自分」はいないのです。 そこにあるのは「行為」だけです。 自分と呼んでいるものは、歩く、喋る、寝る、考える、食べるなど、無数の行為の連続なのです。 どこにも、自分などいな…

「私は正しい」が問題をつくる 『ブッダの教え一日一話』

短いので全文引用 「私は正しい」という心から、怒りも嫉妬も、落ち込みも傲慢も、舞い上がりも、あらゆる感情が生まれてきます。 その心が、いろいろな問題を作るのです。 「私は正しい」というのは客観的に成り立たないことなのです。それはわがままな恐ろ…

「原因と結果の法則」どおりになる。 『ブッダの教え一日一話』

引用 「うまくいく・いかない」「成功・失敗」というのは、客観的なことではなく、自分の主観です。 物事は因果法則で動いているのですから、よい結果を期待するならば、その 原因を調整することです。 中略 原因を無視して、よい結果だけ期待するのは間違い…

どんな人がカッコいいか 『ブッダの教え一日一話』

短いので全文引用 幸福になる知識を持っている人がカッコいいのです。 何でもかんでも知っているだけの人は、かえって煩わしい。必要なデータなら、インターネットで検索すればすぐに得られるでしょう。知識だけでは、カッコよくありません。 知識を有効に使…

何かをしなければという思い 『ブッダの教え一日一話』

引用 生命は目的もなく走り続けています。 いつも何かを探し、いつも走り回っているのです。何もしないでいると苦しいからです。 不安と苦しみのため、「何かをしなければならないと」と、焦っていろいろなことをやっているのです。 これが生命というものの…

あなたは何者か 『ブッダの教え一日一話』

短いので全文引用 私たちは、いつでも「考え」が先にあります。 考えてから喋る。 考えてから行動する。 だから、「あなたは何者か」ということは、「あなたは何を考えているのか」で、わかります。 暗い思考を持っていれば、暗い人になります。汚れた思考を…

体のために心を汚す

引用 「菜食主義なので、肉は絶対に食べない」とか、「〇〇を食べれば絶対に健康になる」とか、食に異様にこだわる人がいます。 それらの考えは、客観的な事実というより、単なる自分の思い込みであり、いわば妄想概念です。主義や観念に引っ張られると、食…