ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

法話

「いまやるべきこと」をやる 『ブッダの教え一日一話』

テキスト引用 私たちは妄想に時間を費やして、「いまできること」をきちんとやっていないのです。 中略 「いまできる、やるべきこと」をきちんとやるのです。そこによけいな思いも入れないで、たんたんとやるのです。 私見です 感情の入った思考とか、妄想と…

「いま・ここ」が妄想を止める 『ブッダの教え一日一話』

テキスト引用 妄想を止めるには、どうしたらいいのでしょうか。「いま・ここ」の自分を観察することで、妄想は止まります。 ふだんの生活で、私たちは「思考と妄想」にどっぷり浸かって生きてます。 思考もちょっと感情が入ると、あっという間に妄想になりま…

唯一の希望を壊さないで 『ブッダの教え一日一話』

テキスト引用 仏教ではなぜ、口をすっぱくして妄想の悪口を言うのでしょうか。それは人間にとって唯一の救いである「理性」を妄想が壊してしまうからです。 別の本から引用 心は貪瞋痴(欲・怒り・無智)のほうがやりやすいのです。怒ることはやりやすくて、…

頭をよくする方法 『ブッダの教え一日一話』

テキスト引用 心を混乱させる「妄想」の渦巻きが消えれば、わざわざ知識や概念を集めようがんばらずとも、必要に応じて、情報が整理されて引き出されるのです。 バリバリ私見です。 自分も含めて、感情に振り回されている状態って、「おバカさん」に見えます…

妄想は精神的なダメージ 『ブッダの教え一日一話』

テキスト引用 「忙しい」と言う人は、じつは頭の中ので妄想がグルグルと回っているのです。 無駄に生産性のない妄想に時間を取られているのです。さらにそれは、精神的なダメージにもなります。 私見です この法話を読んで下記の本を連想しました。 「忙しい…

妄想の猛毒 『ブッダの教え一日一話』

短いので全文引用 妄想は猛毒です。 妄想があるゆえに、ストレスが起きます。 妄想があるがゆえに、人生何をしても苦しみと失敗で終わるのです。 だから、まずやるべきことは妄想を停止させることです。 私見です。 ヴィッパサナー瞑想をしていて、ちょっと…

心にも清らかな食べ物を 『ブッダの教え一日一話』

テキスト引用 心は、自分自身が栄養となって、次の心をつくるのです。清らかな心を栄養として、次につくられる心はまた清らかです。 心に汚れが入ると、次につくられる心も汚れてしまうのです。 私見です この本がすごく参考になります。 「1」ってなに?: …

自らの経験を語ろう 『ブッダの教え一日一話』

テキスト引用 ただ説教しただけでは、世の中はよくなりません。言う人がまず実行して、経験して、自分の体験を語るべきです。 私見です 仏教は実践の教えなので、納得して実践ということで、実践です。 実践しないのに仏教を語るのは、「仏教読みの仏教知ら…

大事な栄養 『ブッダの教え一日一話』

テキスト引用 (食べ物だけではなくて)私たちが「みるもの、聞くもの、嗅ぐもの、触れるもの、思考するもの」も大事な栄養です。 これらも食べ物と同じように、汚れたものをとってはならないのです。気を付けて、清らかなものをとるようにしましょう。 私見…

いいことをする目的とは 『ブッダの教え一日一話』

テキスト引用 「いいこと」をする目的は、心を清らかにすることです。その目的であれば、期待してもしなくても「いい結果」が出ます。 私見です 昨日は「こころに良いこと」目指したい、です、と書きました。 いいことをする目的は心を清らかにすること そこ…

「いいこと」と「悪いこと」 『ブッダの教え一日一話』

テキスト引用 「いいこと」とは、「自分が喜び、他人も喜ぶ」。そして、「後悔しない」ことです。 「悪いこと」とは、「自分が苦しみ、他人も苦しむ」。そして「後悔」することです。 私見です これを読んで、先生の「役に立つ」話を連想しました。 「いいこ…

みっともない事実を諭す 『ブッダの教え一日一話』

短いので全文引用 悪事を犯すことは、世の中の恩恵を受けていて、恩を仇で返すことです。それは、とてもみっともないことです。 悪いことをする人は、勇気も自信もない腰抜けなのです。だから「悪いことをするのは、みっともない」」と諭すことができるので…

悪いことは、小さなことでも悪い 『ブッダの教え一日一話』

テキスト引用 「悪いことは、どんな小さなことでもしてはいけない」と心に決めましょう。 中略 小さな嘘をつく人は、やがていつも平気で嘘をつくようになってしまうのです。 恐ろしいことは、それが心のクセになってしまうことです。クセになったら、もとに…

自分を評価して生きている 『ブッダの教え一日一話』

テキスト引用 前略 悪いことをすれば、自分の良心が、自分に高得点を入れるはありません。 自己採点して、自分が落第生になるのはとてもつらいことです。 悪いことをやめると、つねによい得点を自分に与えることができます。 バリバリの私見です。 ある長老…

「いいこと」は実感でわかる 『ブッダの教え一日一話』

引用 「なぜいいことをすべきなのか」と、あえて説明しなくても、それは自分の「実感」でわかることです。 中略 「いいこと」が苦しいのは瞬間だけ。後は思い出すたびに、楽しいのです。 私見です 悪いことって、やりやすいです、すぐにできます、そのときさ…

強い人はいつも落ち着いている 『ブッダの教え一日一話』

引用 気が弱くて怖がりな人は武器を持とうとします。自信のない人は強がります。 私見です 私自身、根性がなく、気が弱く、自信がないほうだと思います。 でも仏教のおかげで、暴力をふるったり、乱暴な言葉を使ったり、他人をいじめたり、 仏教で言うところ…

確信は自由への道 『ブッダの教え一日一話』

テキスト引用 正しいか否か、なぜそのように言われるのかと、我々はしっかり調べて、自分自身の責任で納得していくべきです。このプロセスは、仏教が推薦する「確信」への道なのです。そういう態度を貫きとおせば、マインドコントロールされたり、支配された…

ブッダが説く「信」とは 『ブッダの教え一日一話』

引用です 仏教への「信」を確立するというのは、ブッダの説かれた真理を自分自身で調べて、理解して、納得することです。 中略 ですから、仏教が説く「信」は、「確信」と理解したほうがよいのです。 私見です 「信」 サッダーについてですね。 下記のリンク…

信仰は足かせ 『ブッダの教え一日一話』

全文引用 証明できないものに対しては、「信じる」か「信じないか」かしかなくなります。例えば一神教の説く「神」のように。 そして、いったん信じることにすると、あとはただ、信仰して生きるしかないのです。信仰におちいると、それについて議論すること…

つねに具体的なものが必要 『ブッダの教え一日一話』

引用 私たちに必要なものは、抽象的な信ずる対象ではなく、つねに具体的なものなのです。 私見です この世の中、真理から離れて、自分の貪瞋痴で信ずる方がほとんどです。 下記法話リンクより引用です 「立ち上がれ、努力せよ、怠るなかれ」というお釈迦さま…

教えが正しいものであれば 『ブッダの教え一日一話』

全文引用 教えが正しいものであれば、その教えは誰からも守ってもらう必要はないのです。 誰がどう反論しようが、真理そのものは崩れることはありません。批判しようという人がいたら、かえってそれを学んで納得してしまうのです。 「批判は禁止する」「疑問…

物質と心の波動 『ブッダの教え一日一話』

引用 仏教では、物質を素粒子のレベルでみて、地・火・水・風の四つの要素として捉えています。 現代の学校教育で物理等を学んだ方には疑問もあるかもしれません。 でも仏教は物理でないし、お釈迦様の時代、目に見える現象の説明がこれだったのでしょうね。…

どんなに獲得しても、完成はない 『ブッダの教え一日一話』

全文引用 生きるということはチャレンジです。 生きていくうえで、何かを獲得するために、いろいろなことにチャレンジします。 しかし、何かを獲得しても、完成というものはないのです。 音楽で一流になっても、世界の頂点に達しても、完成ではないのです。…

死にそうな人に対して 『ブッダの教え一日一話』

引用 前略 「いろいろ楽しかったね」「あちこち行ったよね」と世間話をするのもいい。 そして、「あなたはよくやってきたね。ほんとうに親切にしてくれた」と感謝しほめればいいのです。 人は、感謝されると、「自分なりにこの人生をがんばってきたのだ」と…

何を「がんばる」のか 『ブッダの教え一日一話』

引用 前略 そして、ブッダの勧めた最も優れたがんばりといえば、自分の欠点を克服するために、善行為をするために、人格を完成するために「がんばる」ことなのです。 私見です ホント、口癖というか、挨拶のように「がんばって」とか「がんばる」という言葉…

戦いで勝つのは一人もいない 『ブッダの教え一日一話』

短いので全文引用 戦って勝つことが、幸福への道ではありません。 戦いを挑んだら、勝つ人は一人もいないのです。 負けた人は、負けて悔しい思いをします。 勝った人は、負けた人に恨まれます。 さらに敵が増える結果になります。 勝ってもいいことはないの…

殺人者があらわれること 『ブッダの教え一日一話』

引用 一人の人が孤立して怒りや憎しみに固まって無差別に人を殺すことがあります。 そのような理不尽な犯罪が起こる原因は、社会全体にもあるのです。 私見です。 無差別殺人とか、通り魔事件、ニュースで目にすることがあります。 ジャーナリストの篠田博之…

親は一生、子供を心配している 『ブッダの教え一日一話』

引用 親の愛情は、一生涯、続くものなのです。 だからと言って、子供は親の所有物ではありません。 親子についての、かなり深い法話があります。 j-theravada.net 法話の元になったジャータカ物語です。 j-theravada.net 親子関係を理解し、おおきな家族を築…

だれの意見でもない正しい意見 『ブッダの教え一日一話』

テキスト引用 多くの人は「自分が正しい、相手が間違っている」ということで議論する傾向があります。 しかし、すでに議論が起きているということは、明らかにみんな正しくないのです。 私見です。 日常生活、家庭や仕事で、「私の意見が正しい」と思って提…

どう話せばいいのか 『ブッダの教え一日一話』

全文引用 自分の利益のみで話すと、ケンカになります。 自分の利益も他人の利益も、ともに実るように考えて話すならば理想的です。 「私もあなたも得する方法は何だろうか」というのが正しい話し方なのです。 私見です。 利益のみで話すのは、「欲」ですね。…