ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

理性

自分も他人もいない 『ブッダの教え一日一話』

全文引用 主観のない人だけが、客観的・普遍的にものごとをみるのです。 自分のない人にとって、自分も他人もいません。 そこにあるのは、自然法則の中に起こる「行為」の連続だけなのです。 私見です。 関連する法話を見つけました。 j-theravada.net 私は…

解決できないことは何ひとつない 『ブッダの教え一日一話』

引用 自分という主観を消してみれば、ものごとが客観的にみえてくるのです。 そこにあるのは、ただ行為だけですから、なんのことなく整理整頓できます。 私見です 忙しくて、時間がなく、物事に追われる生きかたですね。 ふだんの生活では、こればっかりやっ…

「私は正しい」が問題をつくる 『ブッダの教え一日一話』

短いので全文引用 「私は正しい」という心から、怒りも嫉妬も、落ち込みも傲慢も、舞い上がりも、あらゆる感情が生まれてきます。 その心が、いろいろな問題を作るのです。 「私は正しい」というのは客観的に成り立たないことなのです。それはわがままな恐ろ…

唯一の希望を壊さないで 『ブッダの教え一日一話』

テキスト引用 仏教ではなぜ、口をすっぱくして妄想の悪口を言うのでしょうか。それは人間にとって唯一の救いである「理性」を妄想が壊してしまうからです。 別の本から引用 心は貪瞋痴(欲・怒り・無智)のほうがやりやすいのです。怒ることはやりやすくて、…

どう話せばいいのか 『ブッダの教え一日一話』

全文引用 自分の利益のみで話すと、ケンカになります。 自分の利益も他人の利益も、ともに実るように考えて話すならば理想的です。 「私もあなたも得する方法は何だろうか」というのが正しい話し方なのです。 私見です。 利益のみで話すのは、「欲」ですね。…

しつこく「立場」の話

立場は自分の考えの外への表明です。 過去、何回か記事にしてます。 www.jataka.info テーラーワーダ在家仏教徒 だと表明してます。 だから、テーラワーダ仏教を調べれば、ジャータカさんは何者か?ということがわかります。 調べる、という行為は理性的です…

嫌なことを言う人が苦しんでいる

「一分で読むブッダの教え」より 人が嫌がらせを言っているときは、その人は怒っています。あるいは嫉妬しています。無智のために、とにかく落着きがなくなって声を出しています。その人が自分自身のストレスを、自分自身の心に中にある苦しみを、言葉として…

理性の意味

「パティパダー 2017年1月号ー釈尊の教え・あなたとの対話」より 「理性」とい単語の意味がよくわかりません。どういう意味ですか? 感情・好き嫌いで決めない ブッダの教えから、質問に答えます。理性とは「感情で決めない」「好き嫌いで決めない」というこ…