oldmanbuddhist

テーラワーダ仏教を地味に勉強してます、そのメモ書きになります、きちんと学びたい方には参考にならないです、ご了承願います。

言葉

227 言葉の節約 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 しゃべりすぎは危険です。我々は良いことも悪いことも、言ってはいけないことも、しゃべってしまいますが、言葉だけはリコールできません。 ですから、いつでも良い言葉を発信しなくていけないのです。 自分が一方的にしゃべりまくるよりは、人の話を聞…

157 いかなるときもプライドを傷つけない 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 何かを見て「面白いなあ」と思ったら笑ってもよいのです。 一人をからかってもよいのです。 しかし、一つだけ気をつけてほしいことがあります。 人のプライドだけは傷つけないでください、人間として「平等である」ということだけは忘れないでください…

147 噂話は打ち切るべし 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 噂話をする人々がやってきたらどうしましょうか。 丁寧にその人の話を聞いてあげるべきでしょうか。 丁寧に聞いてあげることは、一見、善い行為として見られます。 しかし、時間の無駄になる話、気持ちが悪くなる話、心が汚れる話、悪を正当化する話な…

146 人の無駄話は聞き流せばいい 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 日本のことわざにも「口はわざわいのもと」とあるでしょう。 このことわざで言っているのは「悪い言葉をしゃべるなよ」ということですが、私はむしろ極端に、「人がしゃべることを聞くなよ」と言いたいのです。 ストレスで悩んでいる人の話を聞いてあげ…

144 話すことは一人芝居ではない 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 人は何かを話す場合は、とても気をつけたほうが良いのです。なぜならば、話すということは自分だけの一人芝居ではないからです。参加者がいるのです。聞く相手に必ず影響を与えているのです。 嘘、噂、粗悪語を話したり、無駄話をしたりすることは、し…

143 人の良いところを称賛する 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 人の欠点は誰にでもある普通なことだとみなしましょう。 あえて良いところを見いだして、それを褒めるのが人格者の行為です。 良いところを称賛すると、言われた側がさらに良い人間になろうとするのです。 その話を聞く他人も、自分も何か良い人間にな…

142 しゃべらないのは美徳 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 仏教を実践する人は、「嘘をつかないぞ。語るなら真実を語るぞ」と頑張るのです。嘘をつく人はいくらでもしゃべれます。なにせ嘘ですから。でも真実というのは、しゃべることはそんなにたくさんないのです。真実を語ろうと思ったら、口はけっこう静かに…

141 内容がないおしゃべりは不善行為 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 人はよくしゃべります。 なぜしゃべりたいのでしょうか? ストレスがたまっている。面白い、気に入らない、悔しい、などさまざまな感情が詰まっている。そのストレスや感情を発散するためにしゃべっているのです。 大胆に言えば内容がないのです。内容…

140 成功する人の使う言葉は肯定的 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 上司が部下を「どうしてこんなことしたんだ」などと否定的な言葉で叱ったら、部下は心が痛みます。「次はこうやるといいよ」などと肯定的な言葉で叱ったら、叱られたほうも元気になります。 社会で成功している人、人間関係がうまくいっている人、人気…

139 子どもにも、丁寧で正しい言葉を学ばせる 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 粗悪語とは、怒りの感情を表す言葉、他人の気持ちを傷つける言葉のことです。 人と話す場合は、相手がいい気持ちになるように、喜びを感じられるように話さなくてはいけません。つまり、丁寧で正しい言葉を使うことです。 親も、家の中で品のない言葉を…

138 無駄話をする癖を身につけない 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 無駄話とは、根拠のない、証明できない、役に立たない話です。「こうではないか、ああではないか」と延々としゃべっても、結論に至らなければ時間の無駄です。それから、その場・その時にそぐわない、聞いている人の役に立たない言葉も無駄話です。 無…

137 平和を築く目的で話す 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 言葉を使うときは、平和を築く目的で、仲直りさせる目的で、社会の調和を保つ目的でしゃべらなくてはいけません。子どもをしつけるときも、互いに対して思いやりがある言葉を語れるように教えてあげなくてはいけないのです。子どもが他人の悪口を言った…

136 感情の衝動で話すのをやめる 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 この世は、自分の意見ばかり言いたがる無智な人々で構成されています。ちょっと考えてみてください。自分に言いたいことがあるならば、他人にも言いたいことがあるのです。言いたいことがあるときは、必ずその裏に感情も入っています。 感情とは理性の…

135 意見交換では「私」という主語を使う 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 人間として生きている場合、自分の意見を他の人々に伝えるという厄介な問題からは逃げられません。朝起きてから夜寝るまで、私たちはけっこうしゃべります。自分の意見を明確に述べるのはヤバイと思っているわりに、人はよくしゃべります。うるさいほど…

134 役に立つ言葉をしゃべる 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 なぜ我々は、しゃべるのでしょうか。それは相手に何かを伝えるためです。自分の感情を吐き出すためではないのです、ですから相手に伝えなくてはいけない情報があった場合に、言葉にして喋るべきです。「それは役に立つ言葉」といえます。 後略 私見です…

133 言葉の前に概念がある 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 前略 言葉より先に概念があるということは、人間同士のコミュニケーションでも実感できます。 たとえば、日本語しかわからない人と英語しかわからない人がいるとしましょう、でも、この二人は友達になりたいのです。そうすると、言語を飛び越えて、コミ…

124 優しく指導したほうが業績はあがる 『一瞬で心を磨くブッダの教え』

引用 上司が部下を怒鳴っている場合は、部下はおとなしく仕事をしようとしますが、自分の能力を発揮することができません。 上司の機嫌をとってなんとか頑張っているだけです。会社にとっては全体的に悪影響をもたらします。 怒鳴って仕事をさせても業績はあ…

相手に対して上ではない 『ブッダの教え一日一話』

引用 会社では、仕事の段取り、組み立て方、ことばの使い方、それらを確実に教えなくてはいけません。 私見です いちおう会社員なので、会社で仕事をしています。 言葉使いが?????という場面に出くわしますけど、別にただの音だし、価値がないし、学ぶ…

自らの経験を語ろう 『ブッダの教え一日一話』

テキスト引用 ただ説教しただけでは、世の中はよくなりません。言う人がまず実行して、経験して、自分の体験を語るべきです。 私見です 仏教は実践の教えなので、納得して実践ということで、実践です。 実践しないのに仏教を語るのは、「仏教読みの仏教知ら…

ことばが浮いている 『ブッダの教え一日一話』

引用 いろいろな宗教がすばらしい教えを説きますが、なかなか人間は道徳を守りません。それはなぜでしょうか? そこの言葉に重さがなく、浮いているからです。 殺生はいけません、と言っても殺し合いを続けるし。 核兵器を作っておいて他国には作るなと言う…

どう話せばいいのか 『ブッダの教え一日一話』

全文引用 自分の利益のみで話すと、ケンカになります。 自分の利益も他人の利益も、ともに実るように考えて話すならば理想的です。 「私もあなたも得する方法は何だろうか」というのが正しい話し方なのです。 私見です。 利益のみで話すのは、「欲」ですね。…

立場の話 

社会に所属していると、人それぞれに立場というものができてきます。 学生さんの立場、働く社会人の立場、いろいろな立場があります。 以前、立場について書いたものがありました。 www.jataka.info 昨年からツイッターをやっていて、思ったことを言葉にしま…

「酒クズ」という言葉

「酒クズ」 新しい言葉なのでしょうか? ツイッターをやってて出会いました。 twitter.com 「アルコール依存症」というと何やら決定的なので、この言葉は使わないのでしょう。 「酒クズ」のほうが言いやすいのでしょう。 「酒クズ」は、酒にまつわるいろいろ…

やっぱり言葉を理解してから。

すみません、言葉を理解してからにしますね。 もともと「クソツイ」とか「クソリプ」から始まっているのですね。 先日ツイートで「クソツイ(リプ)ばかりしてる人のアカは『肥溜め』として実体化する」旨の発言をしましたが、「肥溜めは堆肥を作る重要な場…

悪い言葉を肥溜めに例えるのは失礼でした。

せっかく始めたツイッター肥溜めにはしたくないです。自分から出た悪い言葉は、すべて自分のアカウントに留まり、肥溜めと化す。自戒、自戒。 https://t.co/Z1sHMn0w6G — ジャータカ (@jataka_) July 19, 2018 訂正です、悪い言葉を肥溜めに例えるのは失礼な…

ジャータカ物語 今日は言葉の日 「むごい言葉は動物たちすらも嫌う」

きょう、5月18日は「言葉の日」だそうです。 私の誕生日でもあります。 それにしても「言葉の日」なんて誰が決めたのでしょう。 誕生日が言葉の日なので、ふだん使うことばには注意しないとですね。 悪い言葉は使わない、と心がけないとですね。 ジャータカ…

『ブッダがせんせい』(6) 今回は納得

不満ばかり続く『ブッダがせんせい』ですが、今回はいいなあ、と思います。 ブッダがせんせい 心を育てるこども仏教塾 作者: 宮下真,まつおかたかこ,名取芳彦 出版社/メーカー: 永岡書店 発売日: 2012/02/17 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 引…

良寛さま(9)良寛さまの戒語

「続良寛さま」より 良寛さまはまた方々の家から頼まれて人の戒めになるようなことを箇条書きしてやりました。しかしそのようなものを書くにも良寛さまは自分の好まないことや、自分の嫌いなことを一つひとつ書きならべるぐらいのものでした。そのようにして…

ACジャパン桃太郎のCMと十悪

苦情殺到桃太郎 2017年度全国キャンペーン:苦情殺到!桃太郎|ACジャパン ネットでは、匿名や顔が出ないことをいいことに、こころない言葉を目にします。 それを突いたCMです。 言葉って、その人の心の状態を表します。 落ち着かないことば、乱暴なことば…

仏教とおしゃべり、今日は茶話会

本日はスリランカのお寺で、善友が集まり、特に目的を決めずにおしゃべり。 基本的にお寺は、出入り自由です。 お参りしてもいいし、勉強してもいいし、冥想してもいいし、自分のやりたいことをやっていただいければいいです。 今回は「茶話会」というのでし…