ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

アビダンマ復習 貪根心

しぶとくアビダンマ復習です。

貪瞋痴のうち「瞋」と「痴」は、自分なりに復習しました。

 

「瞋」について

アビダンマ復習 瞋根心について - おっさんの仏教メモ

 

「痴」について

アビダンマ復習 痴根心2 - おっさんの仏教メモ

 

いよいよ「貪」です

「貪」は字のごとく貪り、欲のことです。

 

アビダンマでは、貪の心、貪根心は8つあります。

 

貪根心の場所になります。

貪根心8は、まず心89は、欲界心54、色界心15、無色界心12、出世間心8があります、さらに欲界心54には、不善心12、無因心18、浄心24、があります、さらに不善心12は、貪根心8瞋根心2、痴根心2になります。

 

8つですね。

 

喜倶 悪見相応 無行

 

喜倶 悪見相応 有行

 

喜倶 悪見不相応 無行

 

喜倶 悪見不相応 有行

 

捨具 悪見相応 無行

 

捨倶 悪見相応 有行

 

捨倶 悪見不相応 無行

 

捨倶 悪見不相応 有行

 

分解すると

 

喜倶

喜びの感覚

 

捨倶

平静な感覚

 

悪見相応

邪見を伴って

 

悪見不相応

邪見を伴わない

 

無行

自然に自ら

 

有行

自他によって勧められて

 

力は、1が一番強く、8が弱いです。

 

 

だから、

うれしく、よろこんで、悪いことをやったところで問題はない、と自ら進んでやる

(人のものを取る、とか、悪い行為を行う)

というのが、一番悪くタチが悪い。

 

 

私の場合、一番、ピンときたのは、飲酒でした。

 

1番を当てはめると

たぶん、喜んで楽しみにしてて、有害なものを飲んだところで問題はない、と自ら進んで行う。

 

 

飲酒を8番に無理矢理当てはめると

特に楽しいとも思わない、平静です、飲酒は良くないと思っている、でも、年上の人に無理矢理進められて、仕方なく一口つける。

 

というところでしょうか?

 

1番はエンドレスでリピートしますね

8番は次回からやらない可能性があります。 

 

悪いことと知ってて、楽しむつもりで、喜んで、自ら進んで行う「欲」が一番危ないというか、気を付けることなんでしょう。

継続して、エンドレスでやってしまいますから。

 

 

仏教は悪いことを明らかにしているので、物事をする前に、善悪の判断をしてから、やったほうがいいです、少しでも貪瞋痴を避けることができれば、それだけでも十分です。

 

以上で、アビダンマの「不善心12」が終了です。

 

生きとしけるものが幸せでありますように