ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

楽しい法話会

テーラワーダ仏教のお坊様が見えられて法話会が行われました。

 

実を言うと、録音もメモもとっていなく、内容は頭から消えつつあります。

 

法友がメモを残しておいてくれてて、これを読みながら、法話会の余韻を感じているところです。

 

 

 

法話会といっても、お坊様が参加者の質疑に応じる形でお答えになります。

 

どんどん、質問に答えていきます、メモをとったほうが良かったのかもしれませんが、一番強く印象に残ったのは、言葉ではなく、そのお坊様が持っている雰囲気、しゃべり方、人格ですね・・・。

 

日頃から人格の大切さを説いてる方ですので、ご自分できちんと実践されていることが感じられます。

 

人間って、いいかげんなもので、言葉や文字でいくらいいことを言っても書いても、素行がロクでもない、というパターンをよく目にします、私もその一人ですが・・・。

 

いくら上手に隠していても、ボロが出ます。

 

テーラワーダのお坊様、日本のお坊様でも「人格?????」という方もいます。

いくらいいこと言っても自分が実践しなければ空虚です。

 

今回の法話会は、いただいた言葉以上に、素晴らしい人格に触れることができました。

 

素晴らしい人格っていっても堅苦しいものではなく、こころの汚れを落とし、穏やかで、明るく、楽しく、貪瞋痴とは無縁の、そういった場ができるということです。

 

実際、法話会は、そういった場所になりました。

 

法話会の内容以上に、本当のお坊様って、いるだけで違う・・

それがわかっただけでも、得たものが大きかったです。

 

次回は法友のメモを読みながら、心に残ったことばを書いていきます。

 

メモ、ありがとうございました。

 

 

生きとし生けるものが幸せでありますように。

 

f:id:oldmanbuddhist:20171029145227j:plain