ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

私は覚っている と言う人々  法話会より

ネットで探すと、「私は覚っている」という人がけっこう出てきます。

全世界だとうじゃうじゃ出てくるでしょう。

 

前回の法話会で、お坊様が

「覚っていると言っている人は危ない」

「覚っている人は覚っていると言わない」

「言葉では説明できない、相対性を抜け出た世界」

とおしゃってました。

 

 

 

私が勝手に思うに

自我の錯覚を破っている方なので、「私」という単語が無いのでしょうね、だから「私は〇〇」という言い方はあり得ない。

 

 

「幸せの法則」より引用

スマナサーラ

仏教のマインドフルネスは、データをとって検証する現代的な科学とはやり方が違います、仏教のマインドフルネスの場合、脳は脳で放っておき、腎臓は腎臓のことで放っておきます。そしてそれを別々に観察します。マインドフルネスというのは、システムを観察することなのです、観察すると心や自分は錯覚であることが見えてきます。

覚りは4段階に設定されています。自分が錯覚だとわかったら、覚りの第一段階は合格です。その後は必ず最終的な覚りにまで達します。第二段階では、生きるうえでの欲と怒りが薄くなります。欲と怒りが薄くなっても生きられるようになります。第三段階では欲と怒りが一切なくなります、一切なくなっても生きられます。このような人はすでに究極の幸せにいます、さらに第四段階では「生きていたい」という気持ちを諦めて、執着を一切捨てます、生きていきたい気持ちすらなくなれば、それ以上は話になりません。完了です。

 

前野

それが悟りなのですね。

 

スマナサーラ

はい。もし「あなたは悟っているのですか?」と質問されたなら、「私は」という主語を使わなければいけないでしょう。だから答えらないのです。もしどなたかが「私は悟っています」と言ったら、悟っていない証拠になります。

 

前野

死んでいなければおかしいということですか?

 

スマナサーラ

まあ、言葉遊びで、「俺は死んでいるのだから、そんなこと関係ない」と言ったらそれは正しい答えです。先生がおしゃった言葉と同じです。「私はもうとっくに死んでいるのだから、この質問は私には合いません、悟るか悟らないかは生きている連中の世界でしょ。私は死んでいるのだよ」と。それが正解に近い答えなのです。

しかし、こんな会話は、中身のわかっている二人でないと成り立ちません、一般人には成り立たないのです。

 

 

引用元 最新化でした。

 

仏教と科学が発見した「幸せの法則」

仏教と科学が発見した「幸せの法則」

 

 

 

以前、長老が悟った人、悟りに近い人の印象を

「すごくかわいらしいボ〇老人みたい」とおしゃってました。

 

やさしく、かわいらしい、認知症のおじいちゃん、おばあちゃん、みたい。なのでしょう。

 

私もそう思います。

 

今世で、悟ることはできなくても、周りに迷惑をかけない、かわいらしいおじいちゃんを目指したいですね。

 

まだ、法話会の余韻は続きます。

 

お幸せでありますように。