ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

戒律と飲酒

飲酒することをやめてけっこう経ちました。

 

 

飲酒することで得るものがあり、捨てるものがある。

 

飲酒をやめることで、得るものがあり、捨てるものがある。

 

私は後者をとりました、とても大きな利益を得ました。

利益といっても地位財ではなく、地位財以外のものを得ました。

 

在家には守るべき五戒があり、飲酒はやめたほうがいいよ、言ってます。

 

在家は五戒を守ろうとしますが、不飲酒戒を破っても、とくにペナルティはありません、罰はありません、罰を下す人がいませんから、罪にもなりません、罪だと認める人がいませんから・・・。

 

ただ、飲酒という行為で、なした業は消え去ることなく、いつか果をもたらす、ということです、ここが怖いところです。

 

 

話は変わりますが、比丘が飲酒をしたらどうなるか?

 

タイ国にテーラワーダの戒律の本では

 

飲酒は、パーチッティヤという罪になり、違反した比丘が、サンガに、あるいは、三、二、一人の比丘に告罪(懺悔)することで、浄化される罪。

罪は消滅するけど、なした業は消え去ることなく存在し続けます。

因果法則の通り、なした業は消え去ることなく、その果をもたらすことになります。

 

 

 

戒律と飲酒で、とてもいい話がありました。

チエリ様、いつもありがとうございます。

thierrybuddhist.hatenablog.com

 

 

戒律は理性で行う。

理性に酒はいらないなあ。

酒に頼らずとも理性があると楽しく過ごせますよ。

 

生きとし生けるものが幸せでありますように