ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

師匠を得て、師匠を与えられた後は・・

師匠を決めた後は、衣鉢を告げる作法を行います。

 

衣鉢は、身体を維持するために必要です

 

鉢には施食が入ります。

 

衣は三衣

重衣、上衣、下衣があります。

 

他に、住と薬があります。

 

衣、施食、住 薬、この四つを観察するのですね。

jataka.hatenadiary.jp


 

でも、お坊様は腹が減ったから食べたい、というわけではなく、暑い寒いから着たい、住みたい、というわけでもなく、風邪をひいたから薬を飲みたいというわけでもなく

、「・・・・したい」ではなく、「受用します」という言葉を使っていますね。

 

あくまでも、受け身です。

 

あったらありがたく身体の維持のためにいただく、無ければしょうがない、ということです。

 

衣食住薬も修行ですね。