ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

掉挙(じょうこ)かもしれない。

年末の雰囲気のせいか、いや、自分の能力の無さのせいか、心に落ち着きがないと感じることがあります。

 

能力を奪う障害に五蓋(ごがい)という言葉があります。

五蓋 - Wikipedia

 

「愛欲、瞋恚、昏沈睡眠、掉挙・後悔、疑」が五蓋になります。

 

下記に「能力を奪う五蓋と智慧を完成させる七覚支」という本が無料で読めます。

心の落ち着きの無さについて考えてみました。

http://www.j-theravada.net/dhamma/saNgaavarasutta_web.pdf

 

心が落ち着かない状態は掉挙になります。

本では

「心が浮ついて焦っている状態、あがっている状態、集中力がなく混乱し興奮している状態でのことです。掉挙があると、何をやってもうまくいきません。仏教では、人が悪いことをするとき、その瞬間の心は混乱状態にあるといいます。理性がなく感情だけで動いていますから、自分が何をやっているのか全くわかりませんし、当然、善悪判断もできません。この状態のときに考えること、話すこと、行動することはなんでも悪い行為で罪なのです」

 

かなりやばいです、能力を奪います。

掉挙は微妙な心なので、悟らないかぎり取り除くことができないとのことです。

最後までつきまとう心ですね。

 

貪と瞋は、わかりやすいですが、それにしても掉挙は微妙な感じでタチが悪い、気がします。

 

でも、たまに仕事をしていると焦っている自分に気づくことがあります、そのときの仕事っていまひとつ場合がありますね。

 

焦っている自分に気づいたらどうすればいいか?

 

本では掉挙の対策が書いてあります。

昏沈睡眠と同じなのですね。

 

場所を変えること

 

姿勢を変えること

 

課題を変えること

 

「面白い」と思うとき

 

詳しくは本をお読み下さい。

http://www.j-theravada.net/dhamma/saNgaavarasutta_web.pdf

 

 

焦っている自分から離れるようにする工夫ですね、これが必要です。

自分なりに考えると、焦っているときほど、ゆっくりしゃべってみる、ゆっくり書いてみる、ゆっくりパソコンを打ってみる、5分と決めて周りの片付けを始める、無理やり面白いと感じてみるとか。

 

対策ができそうな気がしますが、長年の頑固な心の癖なので、しぶとく気づきながらやっていきます。

 

実践ですね。