ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

戒と律 ヴィナヤ・シーラ

仏教の戒と律が気になって、あれやこれや調べました。

 

時代を経るにつれ、戒と律がごっちゃになったり、大乗仏教だとなにがなんだか状態で、全然シンプルではありません。

 

一番わかりやすい説明は、やっぱりここでした。

パーリ語仏教用語集『VINAYA, SÎLA(ヴィナヤ、シーラ):戒律』

 

ヴィナヤは既に決まっている普遍的な決まり、シーラはヴィナヤの項目でもあるけど、シーラはヴィナヤの具体的な実践です。

 

 

チエリさんのブログから、「シーラはトレーニング」

thierrybuddhist.hatenablog.com

 

 

幸い??、在家は5つですね。5つ守ればいいです。

  1.私は殺生はしません、
  2.盗みません、
  3.邪な行為はしません、
  4.嘘はつきません、
  5.酒・麻薬などは摂りません

 

在家は、あれやこれや考えずに、うえの5つを守っていけばいいのではないしょうか?

 

 

 

話は変わります。

 

詳しくは知りませんが、最近、お坊様がパーラージカ違反をした、と在家がネット上で出した、という事件がありました。片方からの主張のみでよくわからん事件です。。

 

パーラージカは、俗世間ではなくてサンガ内で行われる律です、違反したお坊様は、サンガ内の律によって、告罪、罪からの離脱、粛々と手続きが行われます。

 

単なる手続きです。

 

そこに、在家の場所はありません。在家は介在できません。

 

また、そのお坊様はどこのサンガにも所属していませんので、パーラージカという言葉が当てはまりません。

 

なんだかもうメチャメチャな事件ですね。

 

 

 

「他人が戒律を守っているかどうかは関係ない」

これが、一番正しい答えです。

 

fujisugatavihara.blogspot.jp

 

その在家はお坊様の戒律違反云々より、せめて自分は五戒を守っているか・・・・。ですね。

 

自分のことは棚にあげて、人のことばかり気になり指摘すると、ものごとがメチャメチャになりますね。

 

胸に手を当てると、私にも当てはまります。(娑婆で裁かれる犯罪はしないと思いますが・・・)

 

 

生きとし生けるものが幸せでありますように。