ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

チエリさんのブログから「夫がウツです」

チエリさんのブログから、ありがとうございます。

 

「夫がウツです」

thierrybuddhist.hatenablog.com」

 

長老は質問に答えながらも、心の状態に注視してます。しっかり見てます。

心の状態を見て答えます。

 

 

「あんたは、あんたでしっかり頑張ってください」

「夫がウツ」というのは、ただの出来事にすぎなくて、自分は自分で、その出来事を、心を洗い、明るくして、幸せになるきっかけにしてください。

そういう意味ではないのでしょうか。

 

精神的に人を助ける、というのはなかなかできないことです、なかなか出来ないことを明るく頑張っています、すごいなあ、と思います。

 

出来事は出来事にすぎなくて、その受け止め方ですね。

自分の心が受けとめるんですけど。

 

 

最後の言葉がとてもいいです。

「それでいいんじゃないですか。泣く必要ないでしょう、あなた幸せでしょう。」

 

 

生きとし生けるものが幸せでありますように