ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

律を読んでいたら・・・。

笑い話になります。

 

家内の知り合いの看護師さんが、95才のおじいさんに。

おじいさんは非常に状態が悪く、酸素吸入、体にはチューブが付いていた状態。

 

おじいさん

「看護婦さんかわいいなあ」

 

看護師さん

「あっ、ありがとうございます」

 

おじいさん

「かわいいなあ、わしとやらんか」

 

看護師さん

「・・・・・・」

 

家内によると、「95才のおじいさんにナンパされてしまった・・」とのこと。

でも、おじいさんは、次の日に亡くなったとのこと。

 

「灰になるまで・・・」というか、なんと申しましょうか・・・。 

 

 

 

 

律を読んで気づいたのですが、

比丘(男性です)が学ぶべき律、パーティモッカの学処として

 

パーラージカ四条

サンガーディセーサ十三条

アニヤタ二条

ニッサッギヤパーチッティヤ三十条

パーチッティヤ九十二条

パーディデーサニーヤ四条

セーキヤ七十五条

 

以上があるのですが、その中で気づいたのは、性行為や女性に関することです。

 

パーラージカの第一条は淫法です。

サンガーディセーサの第一から五条は性に関することです。

アニヤタ二条は女性との関係で生じた問題。

あとは、こまごま、比丘尼や女性への接し方が書かれています。

 

仏教は、性行為や異性への接し方に関してけっこう規定してます。

 

『ごまかさない仏教』より引用

 

佐々木

全部でおよそ二百から三百の禁止事項がありますが、中でもとりわけ重罪とされている項目が四つあります。この四つの罪は波羅夷(パーラージカ)と呼ばれ、律の一番冒頭に示されています。もしこれを犯せば、サンガから永久追放になります。

 

宮崎

で、その四波羅夷(パーラージカ4条)の筆頭にあげられているのは「淫戒」つまり「性行為の禁止」です。(笑)

 

佐々木

そうなんです、すべての規則の一番冒頭に来るのが性行為の問題で、そこでこれがとても詳細に説明されるものですから、はじめて律を読んだ人は「なんて品のない本だ」と思うわけです。そのせいで律はゲテモノ扱いされてしまうことが多くて、苦労しています。律文献の中には、「律を読みながら笑ってはいけない」という規則があるくらい、一見、変な内容のものが多い。

 

私も「品がない」と思いましたが、過去、こういった判例が積み重なってきたのでしょう、仏教はいつも具体的ですので、具体性に上品、下品もありません。

 

仏教を調べると、最後にはチエリさんのブログに出会います。

ありがとうございます。

thierrybuddhist.hatenablog.com

 

仏教の目的は悟ることです、でも、性行為は障害になると長老は述べています。

 

ブッダラボさんより引用です

ですから、たとえば、性行為は罪ですか? というと、罪ではありません。

 

人間が喜んでやることだから。ご飯食べることも喜んでやるし。喜んでやることを何でもかんでも罪と言えません。

 

罪ではなくて、喜んでやるものには、ムチャ執着しちゃうんですね。

 

むちゃくちゃ執着しちゃうと、そこから離れなくなるんですね。依存してしまいます。依存したということは、成長が、もうそこでストップしてしまう。これが迷惑で、心を育てることができなくなってしまいます。

 

 

 

きちんと修行しなければ、死ぬ寸前でも台無しにする可能性があるし。

 

律は具体的な例を出しながら、「油断せずにがんばりなさい」と言ってるんでしょう。

 

死ぬ寸前まで油断は禁物です。

 

生きとし生けるものが幸せでありますように。