ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

預流果について 「Sayalay's Dhamma book」さんより

悟りの階梯の第一段階の「預流果」です。

 

四向四果 - Wikipedia

 

 

私自身、放逸が過ぎて、預流果については想像しかないのですが、下記の

「Sayalay's Dhamma book」さんのところで預流果の文を見つけました。

ありがとうございます。 

 

yamaneko.hatenablog.jp

 

 

一文だけ引用します。

ただ、静かな心で「そんなことはしたくない」と思っているだけである。

 

預流果の境地を一言で言い当てているような気がします。

 

 

ある宗派では。阿羅漢が破戒しても、それは破戒ではない、とバカなこと言ってますが、何言ってんでしょ、おバカさんです・・、放逸が過ぎます、私と同じです・・。

 

生きとし生けるものが幸せでありますように