ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

アビダンマ復習 無因唯作心3 喜俱の笑起心

ブッダの実践心理学 第二巻 心の分析』より引用

 

無因とは、貪瞋痴でもない、不貪、不瞋、不痴でもない、善でも悪でもないということです。また、過去の業から現れる異熟心でもないのです。唯作kiriyaとは、ただ働きだけ、ちょっとした心理的なはたらきが起こるだけで、カルマを作らないということです。そういう心が3つあります。

 

捨俱の五門引転心

 

捨俱の意門引転心

 

喜俱の笑起心

 

 

1番は五門(眼耳鼻舌身)を通しての感覚です。感覚に反応している状態ですね。

 

2番は冥想すると実感します。

意識が出たら、それを待ち構えたように、ぐるぐる回りだす。

あっという間に、頭の中が雑念、妄想に覆われます。

 

3番だけは違います。

 

阿羅漢だけを対象にしています。阿羅漢のためだけに立てた項目です。

最初「なにこれ?」と思いました。

 

我々の笑いは、感情が絡み、なにかしらの業を生んでしまいますけど、阿羅漢の笑いは業にはならない、とのことです。また、我々みたいに声をあげて笑うのではく、ほほえみ、微笑ですね。

 

悟った、解脱した、よかった、という微笑みなのでしょうか。

 

下記に微笑んだ阿羅漢の話があります。

巻頭法話(184) 聖職者も安全ではない

 

本によると、お釈迦様はよく笑っていたとのことです。

 

そうですね、仏像なんかも、微笑んでいます。

 

ですから、お釈迦様や阿羅漢が微笑んでいた理由を示すためにも、この項目を作ったのですね。

 

微笑んだ仏像をみたら、喜俱笑起心を連想すると思います。

 

下記の本から引用しました。