ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

お話メモ「慢について」(同等慢について)

2017年12月17日、関西月例冥想会の質疑応答より。

 

質問

慢についてですけど、高慢と同等慢と卑下慢があって、高慢と卑下慢はなんとなくあかんとわかるんですけど、同等慢がなんであかんのか教えていただければと思います。

 

長老

そうね、それは、平等と勘違いする可能性がありますね。

 

これは、私もあなたも同じでしょうと、いばることなんですね。

 

お互いいばりあうこと。

 

現実にはよくあることだからね、どう説明していいか、アイデアが出てこないんだけどね。

 

(ずっと考えてます・・)

 

子供が兄弟げんかするとき、同等慢が働いてますね。

 

自分の親をひとりじめしようとするんですね、競争するんです。

 

すると母親がね、お前たちふたりとも同じです、誰が特別にかわいいということはないんです、と言われる。

 

すごく気持ちがわるくなるんです。

 

いえ、私のほうが一番かわいい、と言ってほしかったのに、という気持ちがあるんです。

 

このときの心の葛藤が同等慢から出てくるものなのです。

 

日常茶飯事にあることなんです。

 

例えば、会社で一緒に仕事している二人のうち、一人が昇格した、自分は入らなかった、そのとき腹が立つんですね。

 

「なぜその人を選んで私を選ばなかった?」と思ったとき同等慢から出るもんですね。

 

そんな感じのものなんですね。

 

例えば、上司がいろいろ仕事を頼むとき、3~4人のうち、1~2人に仕事を頼んで、信頼されちゃったりして、自分は無視されているみたいで、特別かわいがっているんですね。

 

そこで、いろいろ腹が立って、お互いケンカして、心の中で悩み葛藤が生まれる。

 

それは同等慢から現れてくることなんですね。

 

そんな程度のことなんです。

 

けっこうあることなんです。

 

慢からけっこう悩み、苦しみ、怒り、憎しみ、恨みなど出てくるのですから、その原因になってるんです。

 

「同じなのに、なんで」ということになってるんです。

 

きついと思いますよ、これはなかなか大変なことです。

 

高慢、卑下慢はわかりやすくて、両方病気扱いされてますけど、同等慢は病気扱いされていませんから、なかなか大変なおりにくい状態なんです。

 

それを正当化しようとするんですね。

 

自分の高慢が、人から「それは高慢でしょ」と言われると、正当化しようとはしないんです。

 

「あなた、それは卑下慢でしょ」と言われると、そうね、これはないほうがいいね、という気持ちになるんです。

 

でも、同等慢はそうはならなくて、「お互いさま」で仕事するんです。

 

本当は一番タチの悪い慢なんです。

 

なおりにくいし。

 

だから、日常生活の中でそういうケースは気づいてください。

 

それ以上の説明はちょっと難しい。

 

よくある感情なんだけど、でも微妙な感情だから、困難さが、感じられます。 

 

 

そのあと、東京での23日の講演会で

「変わらない自分がいるという錯覚から同等慢が生まれるんです、真理に背くことだから」とバッサリです。

 

お話では、高慢、卑下慢よりタチが悪いと言ってますが、自我の錯覚という意味では、どれも同じです。

 

慢は、掉挙と同じく、最後までしつこく残る煩悩です。

 

しつこくまとわりつく、こういった微妙な感情こそ、気をつけなければ、です。

 

 

生きとし生けるものが幸せでありますように。