ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

「お釈迦様」とか「仏教」とか「仏説」という単語を使ってほしくないです。

新聞と一緒にいろんなチラシが来てます、その中に葬儀に関するチラシがありました。

 

家族葬〇〇

450,000円

 

家族葬〇〇

250,000円

 

火葬、直葬

180,000円

 

直葬という言葉も最近当たり前になりましたね。

ウイッキーより

直葬[編集]

直葬(ちょくそう)とは、通夜・告別式等々の宗教儀式を行わず、火葬のみを行う葬儀形態のことである。 近年の日本で宗教観が変化したこと、人間関係の希薄化が進んだこと(さらに日本全体の高齢化の進行で、友人・知人がすでに他界していたり、友人・知人が概して高齢化し葬儀に来られない、という人々の数の増加など)、経済的な問題等により、2000年ころから都市部などで直葬が増加してきている。直葬は葬儀費用が平均で約18万円と安価である。NHKが2013年に行った調査によると、関東地方では直葬の比率は高く、葬儀全体の1/5を占めている。 [12]

 

 

この価格表には、お寺さま、お坊様が無いのです。

自分で呼んでくるか、手配しなければいけないみたいです。

面倒だったら、お坊様無しで、上記の価格で葬儀ができます。

 

 

お葬式につきもののお寺様、お坊様、読経、戒名はオプションなのですね。

葬儀屋さんのチラシには入ってないです。

 

 

で、気になったので調べてみます。

 

 

 

ある大企業で扱っているお葬式の価格です

 

火葬式

193,000円

上記にプラス45,000円のオプションで

「炉前読経、戒名授与(普通戒名)」ができます。

 

一日葬

343,000円

上記にプラス75,000円のオプションで

「告別式読経、初七日読経、炉前読経、戒名授与(普通戒名)」ができます。

 

家族葬

493,000円

上記にプラス150,000円のオプションで

「通夜読経、告別式読経、初七日読経、炉前読経、戒名授与(普通戒名)」

 

 

なんてわかりやすい価格なんでしょう。

 

 

さて、どこの宗派になるのかな?と思ったら

8宗派あるようです

ウイッキー「葬式」より引用

布施、葬儀の価格目安[編集]

イオンが、イオンカード保有者向けの葬儀社紹介サービスにて「お布施の価格目安」を打ち出したところ、全日本仏教会などの一部の仏教界が「お布施に定価はない。企業による宗教行為への介入だ」と反発している。しかし8宗派、全国約600の寺院の協力が得られることになった。平成22年7月2日付『産経新聞』は「目安とはいっても、大企業が発表すればそれが『定価』として一人歩きしてしまう恐れがある」(日本テンプルヴァン(JT-VAN)・井上文夫社長)と懸念するコメントと「消費者の立場からすれば、布施価格の明示はありがたいのではないか」(第一生命経済研究所・小谷みどり主任研究員)の肯定的なコメントの双方を掲載している。[26][27][28]

 

曹洞宗真言宗、お西、お東、日蓮宗、浄土宗、臨済宗天台宗

ほか、キリスト教神道も。

 

 

お葬式もお金を使うので、経済活動になります、大企業の経済活動にお寺が組み込まれるのは、仕方ないことなのかもしれません。

 

 

ただ、お釈迦様、仏教は、お坊様の経済活動を禁じています、これに背くのであれば、「お釈迦様」「仏教」「仏説」という言葉を使ってほしくないです。

 

こういった経済活動は在家みたいなお寺やお坊様が行っているのでしょうけど、お坊様みたいな恰好をして「お釈迦さま」「仏教」「仏説」を説くのでしょうね。

 

こういったお坊様に来てもらうくらいなら、お坊様抜きのお葬式プランがはるかにいいです。

 

お葬式は故人に対して遺族がどう敬意を表するか?、ですから、ここに仏教のたずさわり方をお坊様は真剣に考えないとですね。

 


 

生きとし生けるものが幸せでありますように