ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

人が持って生まれる能力

下記の本から引用します。

P.80より

 

一日を変えるブッダの教え

一日を変えるブッダの教え

 

 

 

ここにもありました、全文を読むことができます。

パティパダー巻頭法話226より

巻頭法話(226) ひとが持って生まれる能力

 

 

引用です

ポイント

・思考は生きるための武器です。

・度を越した思考は危険です。

・悪思考は正思惟で置き換えるべきです。

・思考・妄想に悩まない心は軽いのです。

・煩悩が消えると思考、妄想の問題も消えます。

 

経典の言葉

 

この舟の 水を汲めかし いざ比丘よ

汲まば舟足 軽からん 貪り瞋りを捨てて疾く

汝は涅槃に至らなん        

ダンマパダ369

 

動物は人間と同じような思考能力はありませんが、必要以上のことはしません、かといて、きちんと一人前になって生きていきます。

 

人間はいろいろと思考します。

思考を自分の幸せ、周りの人々の幸せ、すべての人々の幸せのために使うべきなのでしょうが・・・。

 

現実は違いますね。

 

個人では、感情と思考をごちゃまぜにして、煩悩だらけの生活を送っている。

国家や民族や宗教では、争いが絶えない、人が死んだりもしてます。

こんなの、人間くらいです。

 

仏教では「生きることは苦」と説いてます。

生きてるだけでも苦なのに、行き過ぎた思考、溜めすぎた思考で苦の上塗りをしてます。

 

苦の上塗りに気づいたら、正しい思考について真剣に考えてみたらどうでしょうか?

 

「生きてるだけでも苦」「黙っていても苦」「なにやっても苦」なのですから、慈しんで、仲良く、協力することが大事だと思うのですが・・、ここに思考の使い道があると思います。

 

だったら、思考の整理整頓をして役に立たない思考は捨てる、ということです。

 

引用です

新しい例えを考えましょう。人の頭の上にいくらでも大きくなる鞄があるとしましょう。その人は手に入るものは何でも、その鞄に入れるのです。本人は幸せになるつもりです。しかし手当たりしだい何でも入れるので、鞄にたまたま役に立つものがあったとしても、ほとんどは何の役にも立たないゴミばかりです。幸福になるよりは、どんどん頭が重くなって、身動きできなくなることは確かです。それでも鞄に入れる癖を続ければ、自分自身が潰れてしまいます、私たちの思考の回転もこのようなものです、良かれと思って思考する・妄想する。

 

 

役に立たないものに塗れるより、どうせ得るなら、「最高」を得たいです。

「最高」を考えるべきですね。

 

生きとし生けるものが幸せでありますように。