ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

一番を目指して生きる 「最高」の論理的な定義

パティパダー巻頭法話からです。

詳しくは下記をお読みください。

巻頭法話(114) 一番を目指して生きる 2004年8月

 

一番というと、スポーツで一番とか、勉強で一番とか、仕事が一番できるとか、一番高い地位とか、財産を一番持っているとか、よく聞く話ですね。

 

一番は最高なのでしょうか?

 

仏教は世俗的な「一番」とか「最高」には言及しません。

それでなくても、生きることは苦なのに、世俗的な「一番」や「最高」を得るためにする努力や、維持する努力は、すごく大変なんだろうな、と思います。

「苦」が増えなければいいのですけど。

 

 

で、仏教でいうところの「最高とはなにか?」です。

まずは「得」

どうせ生きていくなら、損する人生はいやです、得をしたいですね。

お釈迦様は「最高の得は健康です」と説きます。

健康を損なうのは損です、やりたいことができなくなりますから。

 

次は「財産」

「満足こそが最高の財産と説きます。

お金が欲しい、欲しいにはキリがありません、満足していないのでしょう、満足、足ることを知らないと、どれだけ財産があっても、渇きをいやすことはできません、満足しないと苦しいのでしょう。

 

引用です

物質的な財産に価値があるのではなく、それによって人が得られる満足感に価値があるのです。であるならば、人は、地球のあらゆるものを限りなく収集する無意味な行為より、わずかなものによってでも自分に満足できるように心の管理ができるのかということに気を付けたほうが良いのです。したがって仏陀が「満足こそ最高な財産である」と説かれたのです。

 

一番は「心の管理」になりますね。

 

 

次は「信頼」です。

本当に信頼できる方はいますか?

いたら、その方は親戚になります、血縁どうのこうのは関係ありません。

 

引用です

血縁関係、婚姻関係がなくても、信頼できる、協力してくれる人なら、末永く付き合うのです。そこで仏陀がこう答えられるのです。「信頼こそが最高な親戚です」と。たとえ一人二人でも、我々に信頼できる人がいれば、最高な親戚に巡り会っていることになるのです。

 

親戚や友人がたくさんいても信頼がなければ、最初から何も無いということです。

 

 

最後は「最高の幸福」ですね。

ここは「巻頭法話」をお読みください。

 

 

ポイントを引用します

 今回のポイント

  • 感情に支配されて生きることは、蜃気楼を追うようなものです。
  • 幸福・損得などを明確に定義すると、生きることは単純になります。
  • 「最高」とは何かと、真剣に考えた方が良い。

 

 

どうせ生きていくんですから「最高」とは何かと、考えたほうがいいですね。

 

 

生きとし生けるものが幸せでありますように