ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

中身がある人は威張らない

下記の本から引用です。

 

一分で読むブッダの教え

一分で読むブッダの教え

 

 

中身がある人は威張らない

稲は豊作になると、曲がって曲がって地面のほうに垂れてきます。対して、カラの稲はまっすぐ伸びていきます。稲穂がしっかり成長していっぱい中身が入っている稲は、美しく曲がって地面を見ます。下を見るのです。

人間も同じで、人格がそなわって中身があると威張りません。威張るということは中身がないということです。

 

仕事柄、人に会うことが多いです。

不思議なもので、その道の権威とか、仕事でも究めたところまでやっている人とか、学問でも仕事でも、すごい人というのは、謙虚です。落ち着いてます、威張ってません、気さくです、ユーモアが好きな方もいます。

 

「たとえば〇〇の権威」という方にお会いする機会がある場合、「すごい方なんだろうな、なんて話しかけようかな・・・」と心配になりますが、いざ、おしゃべりしてみると、拍子抜けするくらい、気さくで楽しかったりします。

 

 

また、アインシュタインのことを知らないで、近所の少女が数学を教わっていた話は有名ですよね。

ウイッキより

  • ノーベル賞受賞後、ニューヨークである少女に数学を教えていたことがあった。少女の母親が、娘の家庭教師がアインシュタインと知って、慌てて彼の元を訪れたが、そのとき彼は「私が彼女に教える以上のことを、私は彼女から教わっているのだから、礼には及びません」と返答した。

 

 

 

なぜなんでしょう?

 

面白いもので、学問でも仕事でも中途半端な人って、威張ってます、気さくじゃないんです謙虚でもないです。

 

勝手な想像ですが、中途半端な人格、人間性だと、やることなすこと中途半端なんでしょうね。

 

結局、人間性、人格に尽きる、という話です。

当たり前のことですが、分けへだて無く人に接する。ということです。

 

お釈迦さまも、出家には、厳しく、とてつもなく難しい話をしましたが、一般庶民の在家の話を聞いてあげたり、やさしく、わかりやすく、質問に答えたり。

 

当たり前のことを、当たり前にやるということなんでしょうね。

 

生きとし生けるものが幸せでありますように。