ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

皆に好かれる人間になりたい

「皆に好かれる人間になりたい」といっても、無理をして好かれるとか、自分を犠牲にしてまで好かれる、という話ではありません。

 

でも、他人から嫌われたら幸せではありませんし、好かれないと幸せにはなりません。

 

かといって、これも無理をする話でもありません。

 

よく「好かれる」というと。下心のギブアンドテイクを期待する話になりそうですが、それとも関係ありません。

 

自分が犠牲にならず好かれる方法として慈悲の実践を説いてます。

 

 

また理性的に好かれる、ということを定義しています。

 

引用です

慈悲の実践以外にも、理性に基づいた正しい好かれ方があります。ついでに、それも学んでみましょう。まず「好かれる」という概念の定義とその機能を考えてみましょう。簡単でハンディな定義はありませんが、とりあえず「他人が自分と接することで、喜びを感じる」という定義にします。言い換えれば「他人が自分に何かを期待している」という定義です。他人が期待するものを与えることができれば、たにんに好かれるに決まっています。これが「好かれる」ということの機能になるのです。

 

好かれるというと、やはりギブアンドテイクにつなげて考える人もいるので、ここでは「喜び」という言葉を使っていますね。

 

昨日、「中身のある人は威張らない」を書きましたが、中身のある人は好かれてますね、喜びを感じる人でもあります、おんなじですね。

 

最終的には、人間性と人格者、という話になります。

 

下記にこの法話の全文があります

巻頭法話(126) 皆に好かれる人間になりたい 2005年 8月

 

法話のポイントです

・他人に好かれなくては幸福になりません。

・好かれることだけを気にすると、疲れます。

・他人が喜びを感じる人格者は、好かれます。

・悪を犯さないこと、功徳を積むことが、人格者になる道です。

 

人に好かれるなら、正しく好かれないと、です。

 

生きとし生けるものが幸せでありますように。