ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

日記はつけたほうがいいですか?

日記は小さいころ書いた覚えがありますが、続かなかったです。

 

日記は書きませんが、メモはとります。

忘れっぽくなったので、メモ帳を離さずに持っています。

仕事柄、人に会うことが多いので、忘れては困ることをメモします。

 

 

私の親父は毎日健康記録を書いてます。

食べたもの、天気、体調、出来事など。

これは日記というより記録です。

 

日記って、個人のものだから何を書いてもいいのでしょうが、気になるところを見つけました。

 

天野和公さんの本

ミャンマーで尼になりました」

 

ミャンマーで尼になりました

ミャンマーで尼になりました

 

 

天野さんは毎日びっしり日記をつけていて。

ある日、師匠のウ・コーサッラ師に「もしかして日記とかをつけていませんか?日記は意味ないですよ」とバッサリです。

 

ウ・コーサッラ長老は、ミャンマーでお坊様だったころの西澤先生です。

 

 

日記は、毎日の記録というか、記録だけでなく、そのときの気持ちを綴ったりなど、さまざまなことを書いたりします。

 

ただ、ここは「仏教」に関することを書いてます、ブッダラボさんに日記に関する記述があります。

ブッダラボさんは、本当にタイムリーに私の疑問に答えてくれます。

ありがとうございます。

thierrybuddhist.hatenablog.com

 

書いてあった本は忘れてしまいましたが、自分の行った「善行」を記録している日記の話がありました。

 

これっていいですよね、読み返しても楽しい!

心にいいですよね。

落ち込んでいるとき、読み返してもいい。

 

 

日記に自分の感情を綴る場合もあるかもしれませんが、貪瞋痴に塗れた内容はまずいかも。

「今日はイヤなことがあった、やなことされた、気分が悪くなった、あいつが悪い、こいつは嫌い」とか。

 

「あれも欲しい、これも欲しい、でも手に入らなかった、でも欲しい」とか。

 

 

欲や瞋りの内容はね・・・・。

 

読んでて嫌な感情を思い起こし、心に悪そうです、そういった日記はいらないなあ。

 

ウ・コーサッラ長老も、そういった意味で言ったのかもしれません。

 

 

仏教は心を問題にしますので、どうせやるなら心によいことを、です。

 

また、日記は文章の練習になります、文章を書くって、かなり歳をとっても大事なスキルです、心に善いことを書いて、文章のスキルを磨けるなら良いのではないでしょうか。

 

 

生きとし生けるものが幸せでありますように。