ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

浄聖院様でみっちり仏教の日

 

座禅会、とは、なかなかいい札がありますね。

 

浄聖院様で法友3人が集まりダンマサークル

 

 

ああー、それにしても法友はありがたいです。

仏教をやる人は稀少種ですから、絶滅危惧種かもしれない。

3人も集まりました、ほんとうにこれだけでも稀ですね。

 

法友、善友は仏道の全てです。

仏教講義 26.人生改良計画 (6)善友は仏道の全て

 

 

 

午前中は、長老の法話を聞いてディスカッション

先生が珍しく仏教の宇宙観を語っていたので、詳しくは西澤先生に聞いてみようという話になりました。

 

昼ごはんは浄聖院様がご用意していただいたハヤシライスを皆で食べました。

とても美味しかったです。

 

美味しいくて2杯食べたのですが、あまり食べ過ぎると午後の瞑想に差し支えます、悩ましいところです。

 

午後はみっちり冥想会、若干睡魔にも襲われましたが、なんとか耐えて続けました。

 

天気は快晴、暑くもなく寒くもなく、いい風が吹いて、お寺での瞑想は最高でした。

 

 

終了後茶話会。

浄聖院様のミュンマーの冥想合宿の話がとても楽しかったです。

 

茶話会の中で、「こころは油断ならない」「こころはずるがしこい」「こころはものすごく手強い」「ドラゴンクエスト以上の想像を絶する非常に厳しい旅」

 

私なんか、「本当に自分のこころを克服できるんだろうか?」なんて思ってしまいます。

 

 

あと、汚物の話も最高でした。

 

外部からとても嫌なことをされて、どうしても許せなくて心から離れない、こんなときはどうすればいいでしょうか?

 

 

「自分の家の玄関に大量の汚物(う〇ち)が置かれたとします、怒る前に、まずは大量の汚物を除去してきれいにしようとしますよね。という考え方が最近好きです」(西澤先生談)

 

そうですね、怒る前にやるべきことがあります、まずは汚物を取り除くことです。

 

 

本当に有意義なダンマサークルでした。

生きとし生けるものが幸せでありますように。