ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

浄聖院様の寺報「こころみ 第一号」

浄聖院様の寺報です。

一部修正してあります、ご了承下さい。

f:id:oldmanbuddhist:20180618212327p:plain

 

f:id:oldmanbuddhist:20180618212524p:plain

 

仏教はひたすら自分のこころと対峙することが修行となります。

記念すべき第一号は「こころ」についてです。

 

「こころみ」は、「こころを観る」という意味と「試み」という意味もあるのでしょうか?ご本人にお尋ねしてませんので、なんとも言えませんが・・。

 

でも、ガンガン新しいこと、やってみたいことを「試みて」下さい。

 

浄聖院様のFB

相包山 浄聖院 - ホーム | フェイスブック


 

 

生きとし生けるものが幸せでありますように。