ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

鋭い法話 ブッダラボさんより

ブッダラボさんより

鋭い法話です、紹介させて下さい。

thierrybuddhist.hatenablog.com

 

50年以上、ずーっといろんな被り物をつけて生きてきたので、なんだか実感できる法話です。

 

通常の被り物は世間や社会が決めたものです。

 

自分の名前さえも、被り物です。

 

名前とか、肩書とか、家族の役割とか、そういったものをぜんぶとっぱらったら、なにが残るんでしょうか?

 

「人間」

この「人間」さえ被り物というか、着ぐるみというか。

 

人間という被り物は、肉体(土)で出来ていて、いずれ地球に返さなければならない。

 

齢をとる、というのは、地球が肉体をかえしてくれ、と言ってる、とのこと。

 

若いころは感じないけど、齢をとると、肉体の分解が少しづつ始まっているのでしょう、時間がきたら「処分」ということです。

 

50歳を過ぎると分解をちょっとづつ感じます。

 

分解していき、最後は処分することが決まっているのに、「あーでもない、こーでもない」と生きてる。

 

 

この法話を読んで「時間がないなあ」と実感しました。

「やばい、早く、自由にならなくっちゃ」と思いました。

 

放逸を戒める鋭い法話でした。

 

お幸せでありますように。