ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

自主勉強会  お布施の話 被り物の話 業の話

先日、法友と自主勉強会を行い、法話を視聴してあれやこれや。

 

f:id:oldmanbuddhist:20180716103431j:plain

 

便利な世の中です、法話が視聴できます。

生の臨場感はありませんが、勉強会には十分です。

 

そのなかで、お布施の話

 

先生によると仏教徒の「お布施」は

「一番最初の一番軽い実践」になるとのこと。

 

私のもの、自分のもの、こういったものから、とっとと離れる実践です。

まずは、実践の第一歩です。

 

 

お坊様によっては「お布施、お布施、お布施」とやたら強調する方もいます。

いろんな修行や実践方法があるのに・・です。

 

お布施をだまし取るサギ師もいます。

 

受けとる人も、いろいろいますが、

一番はお布施をするときの自分のこころに注意です。

 

自分のこころが少しでも執着から離れて気分よくお布施できたら、サギ師にも感謝です。

 

身近なお布施ですが献血してきました。

日本赤十字社に感謝です。

 

www.jataka.info

 

 

 

 

視聴会の合間、法友と「被り物」の話

www.jataka.info

法友との結論は、被り物があっても、「ありのままに見る」「気づき」が大切ということになりました。

 

 

あと、業の話

「悪いことをしても、お金持ちで恵まれている人がいる」

仏教では「お金もち」とか「貧乏」とかに興味はない。

単純にお金持ちになる原因があっただけの話。気にする必要はない。

 

ただ、お金持ちだと、その業で調子にのって、悪いことをする人もいる。

調子にのって業のワナにはまる、それでアウト。

 

どんなときでも、調子に乗って悪いことはしない、業のワナにはまります。

 

 

とても暑い日でしたが、楽しく勉強会をすることができました。