ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

献血をしながら読書『スッタニパータ 第5章 彼岸道品』

久しぶりの献血

最近の献血ルームはスマホ持ち込みOKです。

備え付けのテレビもあるのですが、スマホを見ている方もいます。

 

私は主に読書です。

 

成分献血ですと、休日は2時間以上いたりします。

 

献血はなにかしら役に立っていると思うので、血を抜きながら仏教書を読むのもいいものです。

 

法友が「とても良かった」と薦めてくれた『スッタニパータ 第五章 彼岸道品』を持参しました。

 

 

カバーを取ると、すごくシンプルです、かっこいいです。

 

 

もともと、かなり難しい経典だそうです。

 

本書では、きちんと出典が明らかにされており

PTS版の番号

ミャンマー第六結集版の番号

参考訳として、中村元先生の日本語訳がついてます。

 

仏教経典は、パーリ経典と、大乗経典に大きく分けることができますが、漢訳の大乗経典ではなく、パーリ経典になります。

 

スッタニパータは日本では誤読されがちで、簡単な経典と思われていたそうです。

 

最初に部分を引用します

アジタさんがたずねた、

「世間は何によって覆われているのですか? 世間は何によって輝かないのですか? 世間を汚すものは何ですか? 世間の大きな恐怖とは何ですか? それを説いてください。」

 

無駄話なんかせず、いきなり、ガツンと、仏教の真ん中の部分にお釈迦様に質問をぶつけてきます。

 

最初からガツンです。

 

 

今回、献血の選本を間違えました、これは、図書館みたいな静かなところで、姿勢を正して、じっくり読む本です。

 

いま、読み直しているところです。

 

 

スッタニパータ 第五章「彼岸道品」

スッタニパータ 第五章「彼岸道品」

 

 

 

 

蛇の章もあります。

文章は簡潔ですが、これも難しいです、再読に挑戦です

 

原訳「スッタ・ニパータ」蛇の章

原訳「スッタ・ニパータ」蛇の章

 

 

お幸せでありますように。