ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

カメラの価値

新しいカメラが欲しくて、不要になったカメラを下取りに出そうして・・・

 

最近はオンラインで下取り査定の見積もりができるのですね。

 

出したいカメラはシグマDP1

 

2008年3月に発売されたものです。

www.sigma-global.com

 

 

デジタルカメラが10年経つと、その価値はどうなるのでしょう。

 

中古では1万円台で発売されています。

 

さて、オンライン査定で、正直に申告し、並品という結果でした。

 

 

さて、その査定額は・・・

 

200円

本当に本当です、200円です。

 

使わないカメラを文鎮に使っている人もいますが、文鎮のほうがまだ高いんじゃ・・・。

 

ある意味、デジタル商品って使い捨て、ディスポーザブルという側面があります。

 

 

さて、話は変わりますが、昭和5年(1930年)に発売されたライカⅠAというフィルムカメラがあります、かれこれ80年以上経っていますが、現役で使えます。

さて、販売価格はいくらでしょうか?

 

 

寫眞機商コウジヤ様のHPからです

koujiyacamera.hamazo.tv

 

もう、売れてしまいましたが、販売価格は99,800円でした。

 

 

モノの価値というのは、人間が勝手につけているとてもいい加減なものです、でも、あまりの極端さに驚きます。

 

価値のあるものを持ちたければ、デジタルとは無縁のもののほうがいいみたいです。

 

DP1は文鎮になるまで使います。