ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

良寛さん 中途半端だった史跡めぐり

自称「良寛さんファン」なのに、きちんと史跡巡りをしていないことに気づき、行くことに決めました。

 

家族の誰も良寛さんには興味がないので、一人で行きました。

 

私も、10代、20代、30代、40代、だったら、良寛さんにはまったく興味がなかったでしょう。

 

興味が出てきたのは50過ぎです、それも仏教を通してです。

 

仏教徒として良寛さんを見ると、「すごい」の一言です。

 

かなり、いい線いってます(かなり失礼な言い方です)

 

 

 

さて、当日は雨でしたが、雨が降ろうが、悪天候になろうが、行くつもりだったので、行ってきました。

 

予定は(全部新潟県内になります)

 

出雲崎町から

良寛堂

良寛と夕日の丘公園

良寛記念館

 

移動して

 

長岡市島崎(旧和島村)

良寛の里美術館

 

移動して

 

燕市

燕市分水良寛史料館(旧分水町にあります)

 

移動して

 

燕市分水ビジターセンター、ここに車を停めて

国上寺

五合庵

乙子神社草庵

 

かなり欲張ってます。

以上の予定でした。さて、回れるのでしょうか?

 

 

 

f:id:oldmanbuddhist:20180922193917j:plain

まずは、良寛堂、良寛さんの生地にあります。

 

 

 

 

建物の後ろには、良寛様の像があります、日本海を臨んでいます。

後ろから撮りました。

 

f:id:oldmanbuddhist:20180922194203j:plain

 

 

 

雨がやんでよかったです。

 

 

次は「良寛と夕日の丘公園」に行きます。

 

ちょっと高台にあります。

この海と空をみていたのですね。

f:id:oldmanbuddhist:20180922194536j:plain

 

 

 

 

公園には、子どもたちといっしょにいる良寛さまの像があります、

なんとなくいい雰囲気でした。

f:id:oldmanbuddhist:20180922194905j:plain

 

 

 

写真は無いですが、良寛記念館に行きました。

 

 

良寛の遺墨を展示してある3か所のうち、一番小さい施設でしたが、一番良かったです。

とても静かに観ることができました。

 

きちんと展示物の目録があり、実物の複製も買うことができます。

 

書籍、グッズも豊富

 

良寛様をきちんと勉強するなら、ここです。

 

 

次に長岡市島崎(旧和島村)の良寛の里美術館

 

一番新しい施設かもしれませんが、遺墨が少なく、書籍も少なく、視聴覚とか体験コーナーがありますが、静かに見たい方はNGかもしれません。

 

視聴覚があるので、小学校や中学校の見学にはいいかもしれません。

 

 

そそくさと終わらせて、燕市分水良寛史料館

 

三森九木画、良寛賛の「良寛打毬の図」これが良かった。

 

でも、燕市の歴史資料館という感じで、なんだかパッとしませんでした。

 

 

 

さて、ここで3つ施設を見たのですが、それにしても、どうして3つもあるのですか?

 

 

集中して、良寛様の遺墨を見たり、書籍に当たったり、そういった場所をひとつにまとめていただきたいです。

 

 

さて、いよいよ、

燕市分水ビジターセンター、ここに車を停めて

国上寺

五合庵

乙子神社草庵

に行こうとしたのですが、休日なのに、急な仕事の対応をしなくてはならなくなり、中断になりました。

 

結局、国上寺、五合庵、乙子神社には行けなかったです。

 

 

さて、感想ですが、良寛様は曹洞宗のお坊様ですが、人々に頼まれたら、南無阿弥陀仏と書いたり、法華経を書いたり、ぜんぜんこだわりがなくて自由です。

 

 そこが好きなんですよね。

 

 

よく偉人の史跡を巡る旅 ということでツアーがあります。

私の場合は良寛さまでしたが、その人物にゆかりがある地を訪ねて、遺墨に接するというのは、本を読むより、ビシビシ実感できます。それだけでもよかったです。

 

仏教という観点から良寛様に接してみたい、と思うようになりました、いい機会になりました。

 

 

f:id:oldmanbuddhist:20180922203438j:plain

 

 

www.jataka.info

 

www.jataka.info

www.jataka.info