ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

ひとりを楽しめる自分になろう

f:id:oldmanbuddhist:20181013211849j:plain

 

ここ最近、子どもたちは一人暮らしが楽しくて帰ってこず、家内は自分の実家に行きました(ケンカしたわけではありません)。

 

というと、必然的に一人になるわけで、一人で食事を作ったり、掃除をしたり、洗濯をしたり、いろいろしなければいけないのですが・・・。

 

あらためて、一人の環境になると、「仏教を習っておいよかった」としみじみ思いました。

 

もし、飲酒習慣があったら、飲んで寝てた生活だったでしょう、もしくはゲーム三昧、もしくはネット中毒。もしくはテレビ三昧。好物を食べまくるとか・・。

 

たぶん、自分にとって害でしょう。

 

 

 

人間、下手に自分一人の時間があるとロクなことをしない、と思います。

 

せめて、自分や周りの役に立つことをすべきですね。

 

 

真っ先に思い浮かんだのは冥想です。

冥想三昧、一人になったら、これをするしかないですね。

 

あと、仏教書三昧、まだまだ精読が足らない本があります。

 

あと、すみません、仏教とは関係ないのですが、写真三昧。

これはやってみたいのです。

 

 

これから歳をとると、子どもは独立し家を出て、もしかしたら、家内が私より先に死ぬこともあるかもしれません。

 

そうしたら必然的に「おひとり様」になるわけで、その練習をしているということです。

 

仏教はその練習をするためにちょうどいいです。

 

「おひとりさま」に仏教は本当に最適です。

 

 

写真は文とは関係ないですが、おもしろかったので掲載します。

 

f:id:oldmanbuddhist:20181013213602j:plain