ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

カティナの前にお手伝い

スリランカのお寺でカティナがあり、前日のお手伝いに行きました。

 

かなりひどい雨が降っていて、台所を広げるために外にテントみたいな屋根をつけてほしい、と依頼されました。

 

なにか手伝わされるな、と思っていましたが、屋外とは、思わんかった・・・。

雨具も何も、持ってきてないよ・・。

 

大雨の中、スリランカの仲間とブルーシートを張りました。

 

かなり濡れました。

 

終わったころ、ちょうどお昼ご飯で、久しぶりのスリランカカレー、いやあ、とても美味しかったです。

 

 

食べながら雑談。

 

20~30年前、日本人男性とスリランカ女性との国際結婚があり、たくさんの女性が日本にやってきているのです。

 

幸せに日本で暮らしている人もいますが、中には、病気になってしまい、日本人の夫から「国に帰れ」というケースもあるとのことです。

 

長年、異国に住んでると、故国には、自分の居場所はほぼなくなるのですよ。

帰る場所がない、といってもいいです。

 

だから、これは言ってはいけない言葉です。

 

 

あとは、仕事の苦労とか、家族の苦労とか、いろんな話を聞けました。

 

 

えーと、今回のカティナは、お坊様が雨安居をしている様子がなかったので、カティナというよりも、文化行事としての「衣お布施式」といったほうが正しいかな。

 

久しぶりに皆さんが集まり、いろいろ近況を話し合います、南国気質というのでしょうか、深刻な話でも結局最後は笑い飛ばします。

 

カティナというよりも、みんなが久しぶりに会って楽しむ、こちらのほうに意義があったような気がします。