ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

お化けの話

スリランカのお坊様から、「お寺にお化けがいた」という言葉は聞いたのですが、お坊様は日本語が出来ない、私はシンハラ語ができない、スリランカの法友が訳したのを聞きました。

 

私自身、生まれてこのかた幽霊は見たことがありません。

 

 

でも、興味があったので

 

「どこに出ました」

 

「出たときの状況は?」

 

「男でした? 女でした?」

 

詳しくは教えてくれませんでしたが、場所は寝ているベッドのそば、とキッチンにいたとのこと。

 

聞いてたら、だんだん怖くなてきた。

 

お化け、幽霊は仏教では餓鬼になります。

 

仏教では、地獄 餓鬼 畜生 修羅 人間 天界  六道を説いてます。

どれも生きとし生けるものがいますね。

餓鬼も生きとし生けるもののひとつです。

 

ですから、本当は怖がることもないかな、と思うのですが、実際自分が聞いたりするとちょっと怖いですね。

 

 

怪談というと夏が定番ですが、今回は山奥のお寺で、冬で早く日が暮れる、寒いし暗い、そのうえキッチンの蛍光灯が切れていて点灯しない。

 

冬のシチュエーションは夏よりはるかに怖いですよ。

 

怖いです。

 

 

法友と不謹慎な冗談で

お寺をやめて、一泊いくらの心霊スポットとして、どうかな?とか。

不謹慎でした・・・。

 

 

お坊様はスリランカでもきちんと修行を積んだまじめな方です。

その方が言うのですから、餓鬼界はあるのだと、想像します。

 

生きとし生けるものが幸せでありますように。

 

f:id:oldmanbuddhist:20181124205816j:plain