ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

親孝行を忘れるところでした。

私の親父は、現在84才、ちょっと衰えていますが、それでも元気です。

 

親父から頼まれていたことがあって、あやうく、忘れるところでした。

 

今、12月ですが、さかのぼること、8月から、「腕時計のカタログをもらってきてくれ」と言われていたのです。

 

親父さんと離れて暮らしており、住んでるところは、県境の田舎の町です、時計屋さんなんてありません。

 

腕時計はホームセンターに売ってるくらいです、カタログなんてありません。

 

みなさんは腕時計を買うときは、紙のカタログなんて見ますかねえ?

 

というか、腕時計なんてつけない方も多いのではないでしょうか?

 

買いたい方は、むしろ、ネットで見ているのも多いのではないでしょうか?

 

 

で、10月にも帰省したときも

「暇なときでいいんだけど、時計のカタログもらっといてくれ」と言われました。

 

 

で、明日、急に帰省しなくてはいけなくなり、予定を告げると、「時間があるときでいいのでカタログもらっといて」と言われました。

 

バカですねえ、3回目で重大さに気づきました。

 

親父さんは、人に物事を頼んだりとか、何かを欲しがったりとか、要望があったりとか、そういったことがほとんど無いひとです。

 

普段、人に頼まない人が頼むのだから、よっぽど、なんですね。

 

いやあ、バカでした。

 

8月に頼まれてて、万が一、9月に死んだりなんかしたら、悔いが残るところでした。

 

84才だと、いつお迎えがきても不思議ではない歳なので・・。

 

 

師走の週末金曜日、えらく疲れていました、道は最高に混んでましたが、クルマでビックカメラに行きました。

 

店員さんには「郷里の私の父が、腕時計のカタログが欲しいというので、全部、もらってもいいですか?、田舎で時計屋が無いもので・・」

 

親切な店員さんで、「これに入れて下さい」とレジ袋を渡してくれました。

こういった親切は嬉しいですね。

 

ビックカメラのショーケースにある腕時計はなかなかの高級品ばかりです。

 

カタログも分厚くて立派でした。

 

けっこうな厚みになりました。

 

「これだったら、喜んでくれるだろう」

 

 

親のお願いを聞くことが、まずは簡単な親孝行です。

親が生きているうちに、親のお願いを実行することができて良かったです。

カタログをもらう前に死んじまったら、悔やんだでしょうね。

 

お金もかからない、こんなお願いをしてくれた親に感謝です。

 

 

お釈迦様は

阿羅漢に接するように親に接しなさい、とおっしゃったので、なんとか言う通りに頑張ります。

 

忙しさにかまけて、親孝行を忘れるところでした。