ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

親孝行のゆくえ

先日、親父さんが、「腕時計のカタログがほしい」ということで、たくさん持参しました。

 

ほれ、この通り

 

 

阿羅漢に接するように、親には接しなければいけません。

 

親のお願いはなんでも聞いてあげるのです。

 

 

で、結局は

「時計はいらない」とのこと。

 

まあ、こんなものです。

 

 

次は、「デジタル写真の整理がしたいのでパソコンが欲しい」とのこと。

うーん、前も買ってあげたのですが、ほとんど使わないままでした。

古くなったので、引き上げました。

 

 

すごく、わがままな阿羅漢だと思うのですが、仏教徒たるもの、阿羅漢にそんな失礼なことを思い浮かべるだけでもいけません!

 

阿羅漢は84才です、接する時間も限られています。

 

なにが最善なことができるか、模索中です、これも修行みたいなものです。

 

生きとし生けるものが幸せでありますように。