ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

15年前の自分を批判する。

15年前の自分は戦争を否定してなかったんですよね。

 

www.jataka.info

 

独裁者を倒す手段としての「戦争」を否定しなかったんです。

 

独裁者って例外なく恣意的ですよね。

恣意的な行為が、国家行為としてそのまま通ってしまう。

 

それをなくしたいことに、15年前の自分はカリカリしているようです。

独裁者を倒したいんですよ。

 

そのための戦争は否定しない。と言ってます。

 

 

 

戦争は、ひたすら殺傷して、ひたすら破戒する行為です。

 

15年前の自分は、戦争で死んだり、傷つく人々に無頓着すぎます。

想像できなかったんですかね?

バカじゃないの?

 

実際、イラク戦争では、民間の死亡者数もわからないくらいの被害が出てます。

なんらかんら言っても、これが戦争の現実です。

 

「殺生に鈍感だった15年前の自分よ」

あらためて、さようなら、です。