ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

『仏教抹殺』を読んで、仏教徒の立場から感想。

 

仏教抹殺 なぜ明治維新は寺院を破壊したのか (文春新書)

仏教抹殺 なぜ明治維新は寺院を破壊したのか (文春新書)

 

 

思わず目を引くタイトルです、でもご安心を、抹殺はされていません。

 

日本の廃仏毀釈は、この程度で済んでよかったです。

 

仏を廃し、お釈迦様の教えを毀す、ことらしいです。

 

でも、仏は廃されていませんし。お釈迦様の教えも壊れていません。

 

 

一部で亡くなった方や、ケガをされた方もいたようです。

でも、寺や仏像が、破壊された程度でよかったです。

 

 

 

知り合いの母国、スリランカでは、昔、ビルマやタイから、お坊様を招いて、仏教を再興させています。

 

ということは、どういうことなのでしょうか?

 

お坊様が一人もいなくなった、ということです。

 

還俗させられたか、殺されたか、です。

 

争いや植民地化で、仏教が絶えてしまったのですね。

 

現在もスリランカの比丘尼のサンガは再興ならず、絶えて失ってしまいました。

 

 

 

お坊様はすべていなくなってしまいましたが、残った在家が、ビルマやタイに渡り、仏教を再興させたのですね。

 

 

 

 

結局のところ「人」です。

 

 

この本には、いろんな「人」のありかたが出てます。

 

 

中央政府のご機嫌とりで、廃仏毀釈を徹底的に行った地方役人。

 

仏教のお坊様に抑圧されていた神社関係者が、積年の恨みをはらすごとく、お寺や仏像を破壊する話。

 

廃寺を迫る役人に、「中央政府は神仏の分離を言ってるのであって、廃仏せよ、とは言ってない」と、食い下がるお坊様。

 

廃仏毀釈の荒波を察知し、とっとと還俗して、平民や神社関係者になるお坊様。

 

女遊びが過ぎるお坊様のお寺、徹底的に破壊され、民衆から見放され、再興さえならず。

 

強制的に還俗させられても、廃仏毀釈が収まってから、お寺の再興に走る元お坊様の在家。

 

強制的に廃寺にされても、還俗だけは拒むお坊様。

 

 

 

「人」いろいろです。

 

 

 

 

日本の廃仏毀釈は、殺戮が無かったのでよかったです。

 

 

寺や仏像は、壊したければ壊せばいい、でも、お坊様や仏教を信仰する在家をすべて殺してしまえば、その国の仏教は絶えます。

 

でも、お坊様や、仏教を信仰している在家が残りました。

残れば、なんとかなります。

 

やっぱり「人」なんですよね。

 

 

 

廃仏毀釈の言葉は知っていても、その中身は知らないと思います。

仏教の歴史に興味のある方は、ぜひどうぞ。