ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

男の更年期障害???

最近、身体がだるく、頭痛、筋肉痛、やる気が起こらない、発汗、物忘れ、等々、加齢と片付ければ、通り過ぎることができる症状ですが、念のため受診してみることにしました。

 

医師に問診されるのですが、下半身の件も聞かれました、あっ、そうか、それも気にする人もいるなあ。

 

私の場合、「仏教的」です、あまり答えになってないかもしれません。

 

で、

 

血液検査をして、性ホルモンを調べます、不足してたら、それなりの治療になるのでしょうか?

 

金をかけるつもりはまったくないし、深刻な悩みでもないので、保険適用内と、いうことで、済ますことにします。

 

で、採血して、

 

問診で17の質問を行います。

 

下記にAMSスコア、っていうのがあります。

ja.wikipedia.org

 

スコアの点数でいくと、私は軽度みたいです。

 

で、

 

それとは別の問診表があり・・・

 

凄かったです。

 

性的なことを、すごく事細かに聞いてきます。

 

もう、羞恥心もない、おっさんなので、受付の方や、看護師さんに、「なんだか、クスクス、笑える問診なんだけど、正直に書かなくちゃ、ダメ?」

 

「ああ、それは適当でいいですよ」

 

「適当でいいんだあ」

 

適当というか、仏教的に書いて、笑い転げながら、受付の方に渡しました。

 

ああー。久しぶりに、笑ったあ。

 

 

それにしても、このことで悩む人もいるのだなあ、こういったストレートな欲求で悩む方もいるのだなあ。

 

うーーん、あまりにも生物的すぎてノーコメントです。

 

 

 

興味本位の受診だったかなあ、でも面白かったです。

 

これで、体調がよくなったら、儲けもんです。