ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

よかった、よかった。

血液検査の結果が出ました。

 

検査はふつうでしたが、問診が笑えました。

www.jataka.info

 

 

 

先生は「ローの結果ですが・・」

 

「ロー」「ロー」と言うのですよ。

 

これの略でした。

ja.wikipedia.org

 

で、「ロー」の結果ですが。

 

正常でした、あと前立腺ガンも異常値は無いとのことでした。

 

先生が言ってましたが。

他の患者さんに、ローは正常ですよ、テストステロンは正常ですよ、と伝えても、納得しない方がいるとのこと。

 

なんて、いいますか、これはこれで笑えます。

 

男性ホルモンが低下した検査結果が欲しいのでしょうか?

 

うーむ、よくわからん。

 

 

検査で、正常ということが証明されましたので、この結果に従うだけです。

特に何の感慨もないなあ。

 

 

 

 

 

 

話は変わりますが、ここ最近。「仏教を知っててよかった」ということがありました。

 

詳しくは言えませんが、例えますと。

 

最近、ライフハックの方をリツィートしますが、たまに「ん?」ってのもあります。

 

なんだか、実感ができないので、今ひとつ。

 

 

 

これもいまひとつ

 

でも、いいことも言ってるんですよ。

 

これもいいなあ

 

 

で、結局、何が言いたいのかというと、世の中のハウツーやライフハックは、大当たりもあれば、外れもあります。

 

でも、仏教の教えは、いつも100パーセント「当たり」

 

ここ最近、この「当たり」で助けられました。

いつも「当たり」なので、いちいちRTしませんが。

 

仏教はいつでも、どのような状況でも、役に立ちますね。

しんどいときこそ際立ちますね。

 

 

生きとし生けるものが幸せでありますように。