ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

七つの会議

前回、ボヘミアンラプソディを見に行き、また行ってきました。

 

最近の映画、デジタルシネマの投影機の性能が良くなっているのでしょうか、十分鑑賞にたえます。

 

ん? データも回線を通じて、配給元からダウンロードして上映しているのかもしれません。

 

最近の映画は、回線でダウンロードされた動画をみているのですね。

 

だから、低コストで個人でも映画館を営業できるかもしれません。

 

 

ん、こんな話ではありませんでした。

 

七つの会議です。

 

nanakai-movie.jp

 

 

まあ、私も会社員をしてるので、「んー、あるある」と見てましたが、そこは娯楽エンターテイメントなので、誇張した表現もありました。

 

 

当たり前のこと言って恐縮ですが。

 

会社員である前に、人間なので。

 

人間としてやってはいけないことがあります。

 

でも、組織の一員でいると、麻痺というか、わからなくなるんでしょうね。

 

いつもと変わらない通常の業務、本人も気づかないうちに犯罪だったりする。

 

所属している組織が大事で、善悪があべこべになったりする。

 

人間としてやるべき大事なことがあるのに、欲を最優先にして、これもあべこべにしてしまう。

 

あべこべ問題の映画でしたね。

 

 

組織の中にいると、いろいろな人間がいろいろなことをします。

 

私自身、最近は「すれたおっさん」なので、その人間の人間性しか興味ないです。

 

仕事云々は、まったく興味がなくて、その人間性を観察したいですね。

 

あと「こころの具合」

 

社員の「こころの状態」がぐちゃぐちゃな会社って、やばいですよ。

 

ですから、そういった観点で映画を見ました。

 

 

いいなあ、と思ったのは、女子社員が行う無人ドーナツ販売。

 

ノルマノルマでギスギスした会社で、ギスギスと反対のことを試みるところが良かったです。

 

 

興味のある方はどうぞご覧ください。