ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

お酒を買ってきた。

とうとう飲むんだ・・。

 

やめるのやめるんだ・・。

 

と思われる方もいるかもしれません・・。

 

2か月に1回は清酒900ccパック買います。

 

家内に頼まれての料理用途のお酒です。

 

家内によると、料理酒には塩が入っていてキライとのことです。

 

かといって「合成酒」(すごい名前ですね、異様に安いです)もキライ。

 

 

「清酒にして、デカいパックは買わないで、重いのキライだから」と言われるので、余計なことをせずに買い物します。

 

ちなみに家内は、娘が帰ってきたときは、ちょっとだけワインとか甘めのお酒を飲んだりします、私の買った清酒は飲みません。

 

買ってきた清酒の写真をアップしようかと思いましたが、結局、内容は酒飲みの敵になってしまうので、メーカーさんにいらぬご迷惑をかけたくないので、やめました。

 

 

でも、本当に買ってきました。

いま、パソコンの横にあります。清酒900㏄パックが。

 

 

 

スーパーで食料品等といっしょに、買い物かごに入れたのですよ。

 

かごを見て、今回、変な感情がわいてきました。

 

「恥ずかしい」

と思ったんですよ。

 

レジを通るのが恥ずかしい。

 

いや、酒造会社、飲酒をされている方をどうのこうのは無いです、私の個人的な感情です。

 

帰って、家内に言ったら

「わたしも恥ずかしいのよ、だからあなたに頼むの」

 

「はいはい、そうでしたか・・・」

 

 

お酒をやめて約10年になりますが、こんな感情がやってくるとは思わなった。

 

でも、次回からはこんなよけいな感情は捨てて、業務として割り切って買い物します、お料理に必要なものですから・・。

 

 

生きとし生けるものが幸せでありますように。