ジャータカのよもやま話

テーラワーダの在家仏教徒 身の回りのことを地味に書いてます。

2時間の使い方

仕事帰りの自主瞑想会

 

2時間みっちり瞑想しました。

 

場所は最高。

 

30畳を独り占め。

 

 

 

2時間の内訳

 

最初の30分

慈悲の瞑想みっちりと

 

次の30分

歩く瞑想

 

次の30分

座る瞑想

 

次の30分

歩く瞑想

 

終了。

 

 

これだけですが、非常に頭のモヤモヤが取れ、すっきりしました。

 

本当は脳は瞑想を嫌がります、でも、2時間と決めたら、やります。

 

2時間は、ボーっとしてたり、テレビを見てたり、適当な使い方をしてると、アッというまに過ぎていきます。

 

無自覚なボーっとしている2時間があるなら、瞑想に使ったほうがはるかにいいです。

 

なぜ「いい」のか?

 

ヴィッパサナー瞑想は、善行為なのでしょうけど、勉強の足らない仏教徒の私は、善行為という自覚がありません。

 

ただ、言えることは、「自分のこころ」にいいことをしているみたい。

 

 

 

今回の自主瞑想会は、久しぶりに自分の「こころ」に効きました。

 

この部分を強調しすぎると「ジャータカは実利的なマインドフルネスに陥っているのではないか」と思われそうなので、やめときます。

 

巷では、仕事や生活のパフォーマンスを上げるために、実利的なマインドフルネスが流行っているみたいです。

 

私の瞑想は、生活や仕事の能率を上げるためにするのではありません、そんなことはまったく興味ないです。

 

一番は悟りを得るため、その副産物として「こころ」にいいことを、少し実感しているだけです。

 

人間の脳は、瞑想が大嫌いなので、たまには大嫌いなことに、きっちり挑戦するのも、いいもんです。

 

生きとし生けるものが幸せでありますように。